ロースト

生豆の真価を引き出す

ロースト(焙煎)の目的は生豆の持っているポテンシャルを最大限に引き出すこと。

単純そうに見えますが、実は奥深い仕事です。同じ豆でも入港からの時間の経過で状態は変化するうえ、その日の天候もロースト工程に影響を与えます。つまり同じローストは二度となく、積み重ねたデータと己の五感をフル稼働させることが必要で、毎回のローストが真剣勝負です。狙った通りの香味に仕上がっているか、常にチェックが欠かせません。

昨日よりも良い焙煎を目標に、コーヒーの生産や流通に関わるすべての方々の想いを届けられるよう、日々心をこめてローストしています。

特別な深いり

堀口珈琲は創業時から深いりへの強いこだわりをもっています。

煙臭さや焦げた風味が前面に出るのではなく、素材の個性が損なわれずに表現されていている深いり。すなわち、柔らかな苦みや香ばしい香り、濃厚なコクが基本にありながらも、酸味や甘み、優雅な余韻を感じることができるコーヒー。

この理想の香味に近づくため、厳選した生豆の中から深いりに耐えられる素材をさらに選び抜き、焙煎釜にもさまざまな改良を加え、熟練したロースターの技術をもって作り上げています。

産地の個性がしっかりと表現された深いり、他のロースターとは一線を画す堀口珈琲の世界です。

ページトップへ