最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ハッピーホリデーブレンド販売開始!

2017年11月21日 by tanakadai

141203_hh_news

冬季限定の特別ブレンドが登場!
シャンテフレーズとの相性は抜群
堀口珈琲における冬の風物詩的存在の特別ブレンド「ハッピーホリデー」を販売します。 例年通り、スイーツとのペアリングの観点からロースターはハッピーホリデーの味わい作りに入りました。

使用する豆はエチオピア「サワナ」農園 ナチュラル フレンチロースト、コスタリカ「【ラ・ロカ】ラ・ケブラダ」 フルシティロースト、コロンビア「エルペニョン・イ・ベジャビスタ農園」フルシティローストの3種。深めの焙煎ながらベリーやオレンジの果実感にカカオの風味、冷めるとより顕著に表れるミルキーなコクが調和された、冬にこそ飲みたくなる味わいです。

 

ご注文はこちらから

 

 

20171121_holidayG_news

大切な方へのプレゼントに堀口珈琲のクリスマスギフトを贈りましょう
ヨーロッパでは11月末からクリスマスシーズンが始まるそう。皆様、クリスマスの飾りつけやプレゼントの準備などは着々と進んでいますでしょうか。堀口珈琲では今年もクリスマスシーズン限定のギフトをご用意いたしました。
毎年この時期に登場する冬期限定販売のハッピーホリデーブレンドと、定番ブレンド♯6WINEY&VELVETY、3種は加えて♯8 STOUT&WILDが組み合わさります。

今の時期はシュトーレンと一緒にコーヒーを少しずつ楽んで、クリスマス当日はケーキと一緒にお召し上がりいただくのがおすすめです。おいしいコーヒーを淹れて、クリスマスを思い出深いものにしましょう。

 

ご注文はこちらから

 

中米ニュークロップ続々登場です!

2017年11月11日 by tanakadai

SantaCatalina_news

高品質を”常に”維持する当社のパートナー農園
クリーンかつバランスのとれた見事な味わい

グァテマラのコーヒー生産地域「アンティグア」は世界でも有数のコーヒー産地です。水はけのよいミネラル豊富な火山性土壌と適度な寒暖差から、高品質なコーヒーを生産する農家が多く存在しています。そのなかでも毎年素晴らしいコーヒーを提供してくれるのが当社のパートナー農園「サンタカタリーナ」です。今回はみなさまもお待ちかね、ニュークロップをお届けします。コーヒーも農作物であるため、高い品質を安定的に生み出すというのは本当に難しいことですが、サンタカタリーナ農園は毎年高いクオリティのコーヒーを作り続けています。これは世界を探してもなかなか出会える農園ではありません。同農園は当社にとってかけがえのない貴重な存在なのです。

ご注文はこちらから

LaGranadilla_news

タラスで活躍する新進気鋭のマイクロミル
優しい酸とほのかな甘みが生み出す果実感
ミルを管理するのはイケメン(?)の若き3兄弟。真面目で品質向上にも余念がありません。今回のロットもそんな彼らが所有する農地「グラナディージャ」で栽培されたコーヒーです。今回のロットが初のお披露目。当初は農地名にもなっているグラナディージャというパッションフルーツの一種である果物を栽培していましたが、3年前からコーヒーの栽培を始めました。 味わいはとにかくジューシー。フルーツ、例えば夏みかんを思わせるような優しい酸味と甘い果実味が印象的です。農地とコーヒーを繋げるキーワードは「果実」かもしれませんね。それでいて、さすが【ラ・ロカ】のコーヒー。シルクのような滑らかな舌触りは健在です。タラスを代表するコーヒーをぜひご堪能下さい。

ご注文はこちらから

ElCerro_news

注目の生産エリア「チリポ」を代表するマイクロミル
厚みのあるコクと甘みのなかに感じる華やかさ

コスタリカ中央部、海岸線に沿うように細長く存在するサン・ホセ州。マイクロミル【ロス・クレストネス】が所属する生産エリア「チリポ」はその東端にあります。ロス・クレストネスを中心に品質の高いコーヒーを栽培する生産者が増えている地域で、今まさに注目が集まっている生産エリアなのです。
今回はそんな【ロス・クレストネス】の管理責任者であるエルメス・カルデロンさんが手掛けたコーヒーです。先日販売した「エル・ボスケ」も彼の農地でしたが、今回の「エル・セロ」はさらに標高の高い区画のもの。高標高の冷涼な気候に耐えるためにぎゅっと成分をため込んだ糖度の高いコーヒーをフレンチローストで仕上げることで、厚みのあるボディと甘さを存分に味わうことができます。一方で、「エル・セロ」のコーヒーが持つ柑橘の華やかなフレーバーもほのかに感じることができるのもこのコーヒーの特徴の一つです。

ご注文はこちらから

 

今年も堀口珈琲ならではの「お歳暮ギフト」を販売します。

2017年11月2日 by tanakadai

2017_oseibo_news

今年もお歳暮の時期限定の特別なギフトをご用意いたしました。今回はブレンドの組み合わせ。当社の数あるブレンドのなかでも人気の数種をギフトにしています。それぞれの個性を飲み比べてもよし、シーンによって飲み分けてもよし、きっとお好みの飲み方が見つかるはず。初回の方にもきっと気に入っていただけると思います。”美味しさ”と同時に、飲み比べや日々の生活をコーヒーで彩る”楽しさ”もお届けできるラインナップになりました。

ご注文はこちらから

個性が光る、ナチュラルコーヒー特集!

2017年10月28日 by tanakadai

natural_news

今回はナチュラル精製で仕上げられたコーヒーにフォーカスを当てて、その魅力を存分に楽しんでいただくため、新商品3種類にすでに販売しているエチオピアの「ウォテ」を加えてご紹介します。

私たちとしては精製方法に依存することなく、豆本来のもつ豊かなキャラクターを最大限に引き出すことが大事であり、かつクリーンで濁りを出さない高品質な素材にこだわりたいと考えています。その上で、ナチュラル精製に由来する風味、例えば果実の熟したニュアンスであったり、時にはワインやウィスキーを思わせるキャラクターが表れることもありますが、そんな独特な風味を楽しむことができるコーヒーを求めています。
そして、そんな複雑で芳醇な世界の虜になっている方も多いのではないでしょうか。今回はそんなナチュラル精製から生まれた個性豊かなコーヒーを集めましたので、ぜひお楽しみください。

詳しくはネットショップページをご覧ください。

詳細ページ・ご注文はこちらから

最高の素材にロースターの技術と情熱の全てを注ぎ込んだ至極の一杯、ROASTERS’ BLENDの登場です。

2017年10月11日 by tanakadai

20171010_roasters_news

 

高品質な素材、経験と知識に裏打ちされた高い技術、そして情熱。これらをもって今飲める最高の一杯を目指して創った期間限定のブレンド、それがROASTERS’ BLENDです。

今回のテーマは「My favorite things」
チーフロースター小林がこれまで焙煎してきたなかで特にインスピレーションをかき立てられたコーヒーを使って多彩で重層的な味わいの世界を作り上げます。その素材として選んだのが、特別な思い入れのある産地と語るエチオピア、そしてこのために数ヶ月前から取っておいたというゲイシャのナチュラルです。この組み合わせだけでもいったいどんな味わいになるのか想像が膨らみます。さて、小林はそこからいったいどんな世界を描いたのでしょう。彼が詳しく語ってくれました。

詳しくはネットショップページをご覧ください。

 

詳細ページ・ご注文はこちらから

【梅香亭】『石衣』および『琥珀糖』に関するお詫びとお願い

2017年9月24日 by onozuka

【梅香亭】『石衣』および『琥珀糖』に関するお詫びとお願い

 

平素はご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

【梅香亭】『石衣』および『琥珀糖』を購入されたお客様に、お詫びとお願いがございます。

 

弊社が8月28日以降に堀口珈琲各店にて販売した【梅香亭】『石衣』および『琥珀糖』につきまして、一部の商品にカビが発生したものが見つかりました。8月28日以降に堀口珈琲各店から入手された同商品がまだお手元にある場合は、お召し上がりをお控えください。

 

カビが生えた商品を摂食された場合、健康被害の可能性があります。すでにお召し上がりの場合で、万が一、体調に異変が生じた際は最寄りの保健所や医療機関などに速やかにご相談ください。なお、今のところ健康被害の報告はありません。

 

同商品がまだお手元にある場合は、大変お手数ではございますが、弊社への返品をお願い申し上げます。現品を堀口珈琲各店舗にお持ちいただくか、下記の返送先まで送料着払いでお送りください。今回お買い上げになられた商品の代金を全額返金させていただきます。返金方法は追ってご相談させていただけますと幸いにございます。

 

【返送先】

〒156-0055 東京都世田谷区船橋1-12-15

堀口珈琲 世田谷店 返品係 (電話番号:03-5477-4142)

 

ご贈答にお使いになられた場合、大変お手数ではございますが、先様にも同様にお伝えくださいますようお願い申し上げます。また、お許しいただければ、先様に弊社から直接ご連絡し、ご説明とお詫びをさせていただきますので、お申し付けください。

 

このたびはご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。

 

【本件に関するお問合せ先】

○ 堀口珈琲 世田谷店 TEL:03-5477-4142|

○ 堀口珈琲 狛江店  TEL:03-5438-2143|
○ 堀口珈琲 上原店  TEL:03-6804-9925|

○電子メール:info@kohikobo.co.jp

平成29年9月24日
株式会社堀口珈琲
代表取締役社長 伊藤亮太

【9月20日】営業時間変更のお知らせ

2017年9月18日 by tanakadai

日頃は堀口珈琲各店をご利用いただきありがとうございます。

9月20日(水)はまことに勝手ながら営業時間を下記の内容に変更させていただきます。

上原店 18:00まで
狛江店 喫茶17:30 豆販売18:00まで
世田谷店 定休日

ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

コスタリカとペルーから、今飲んで頂きたいコーヒー3種登場!

2017年9月11日 by tanakadai

El-Bosque_news

コスタリカの生産者グループ「クレストネス」のコーヒーを販売します。これまで、彼らのマイクロミルで精製される多くの農園のコーヒーを扱ってきましたが、今回はグループのなかでもその管理責任者を担うエルメス・カルデロン・ヒメネスさんが所有する農地「エル・ボスケ」のコーヒーをお届けします。

エル・ボスケは他のクレストネスの生産者の農地と比べて特に標高が高いのが特徴的。寒暖差の激しい環境で育った彼のコーヒーは、程よい苦みのなかにも穏やかな酸味が感じられ、バランスのとれているコーヒーです。特に心地よく感じていただけるのは舌の上を転がるような滑らかな質感と余韻の長いダークチョコレートのような甘さでしょうか。ぜひお好みのチョコレートなどと合わせて優雅なひと時を楽しんでいただければと思います。

ご注文はこちらから

AbancayPata_news

何杯でも飲み続けられるような優しくまろやかな印象を受けるアバンカイパタ農園のコーヒー。程よい苦みにほのかに香る若草を思わせるフレーバーが重なります。クセのない味わいは目覚めの一杯やお菓子、デザートのお供、食後など様々なシーンで楽しめるはずです。

高品質なコーヒーを扱う分野において注目され始めたペルー。先日販売を開始したフェスパ農園がある北部地方は最新の設備を導入し始めたり、インフラが整備され始めています。一方で、「アバンカイパタ農園」のある南部ではまだ伝統的な生産方法が主流で、設備や技術も発展途上です。しかし、近年その状況も変わり始め、また土地の持つポテンシャルも高いことから、これから品質の高いコーヒーを生産するエリアとして発展していくのではないかと期待されています。

ご注文はこちらから

Wayrapata_news

「ワイラパタ農園」のコーヒーは程よい苦みのなかに感じられるバランスの取れた酸味と甘みが特徴的。滑らかな舌触りとその甘酸っぱい印象が重なることで、かすかに桃を思わせるニュアンスが表れます。冷めてからもその果実味は健在。飽きの来ない飲み心地についカップに手が伸びてしまいますが、時間をかけて楽しめるコーヒーです。

ペルー南部、ボリビアとの国境付近にあるチチカカ湖。そこから北に約100kmいったところにコーヒー栽培を行う小規模農家が点在するエリアがあります。「ワイラパタ農園」もこの地域に位置しています。ペルー北部の生産地域では近代的な設備を導入し、インフラも整備され始めている一方で、ここ南部では伝統的な生産方法が継承され、設備や技術もまだまだ発展途上です。しかし、近年その状況も変化し始めており、また土地の持つポテンシャルも高いことから、これから高品質なコーヒーを生産するエリアとして成長していくのではないかと期待しています。

ご注文はこちらから

 

中米、南米、アフリカから3種類のバリエーションに富んだコーヒーの販売!

2017年8月28日 by tanakadai

ElInjerto_news

今回販売するエル・インヘルト農園はスペシャルティコーヒー市場において世界的にも有名なグァテマラの農園です。一般的なグァテマラのイメージを覆す、華やかで果実味溢れる味わいを備えた同農園の看板品種でもあるパカマラ品種をお届けします。

エル・インヘルトのパカマラ品種からは圧倒的に華やかなフレーバーと瑞々しい酸味が感じられます。前回はきれいな酸を引き立たせたハイローストでしたが、今回はエル・インヘルトの持つ桃を思わせる触感と甘さやオレンジを連想させる酸味もより感じていただけるよう浅めのシティローストで仕上げており、カップ全体の複雑さも増しています。当社ならではの焙煎を加えることでエル・インヘルトでしか味わうことができない素晴らしい風味特性が引き出されています。価格は高めですが、それに見合う満足感は感じていただけることでしょう。

ご注文はこちらから

Fespa_news

高い生産技術と理想的な栽培環境から生まれる素晴らしくクリーンな味わいに、販売初年度から瞬く間に人気商品となったペルー のフェスパ農園。私たちにとってこれまでのペルーコーヒーの概念を覆すコーヒーです。今年の7月には同農園のブルボン品種を販売しましたが、今回はカトゥーラ品種を販売します。

フェスパ農園のコーヒーの特徴であるシルキーな触感とクリアな余韻はもちろんのこと、シティローストではきれいで上品な酸味感じられます。ほのかな甘みも加わり、それらがバランスよく重なり合うことで心地良い一体感を生み出しています。フレンチローストでは、そんなきれいな酸を残しつつも、深煎りにすることで表れるキャラメルを思わせるコクと甘みをしっかりとお楽しみいただけます。冷めてからも持続する素晴らしくクリアな余韻には脱帽です。

ご注文はこちらから

wotteN_news

エチオピアの素晴らしいナチュラルコーヒーの登場です。イルガチェフェ コンガ地区の「ウォテステーション」で精製されたコーヒーを販売します。今回はシティローストとフレンチローストを同時にご提供します。

シティローストのウォテのナチュラルではブルーベリーを思わせる酸味とそこに加わる甘みを感じていただけます。選別の精度の高さが生み出すクリーンさと余韻の長さも健在です。フレンチローストではベリー酒を思わせる芳醇なフレーバーに濃厚なコクを存分にお楽しみいただけます。一滴一滴から濃縮した果実感を楽しんでいただきたいコーヒーです。

ご注文はこちらから

 

wagashi_news

9月18日(月)は敬老の日です。日頃の感謝と長寿を祝福する気持ちをギフトという形で伝えてみてはいかがでしょうか。堀口珈琲では老舗の和菓子屋「梅香亭」の和菓子とコーヒーを組み合わせた「敬老の日ギフト」をご用意しています。コーヒーには当社の看板ブレンドである♯3 MILD&HARMONIOUSを。組み合わせに選んだ和菓子は「石衣」と「琥珀糖」というお菓子です。今年の4月に販売した「母の日ギフト」にも使用し大変ご好評いただいた和菓子を、今回は味わいを変えてお届けします。
※こちらの商品は8月31日(木)から出荷を開始いたします。ご指定のお届け日がございましたら9月1日(金)以降をご指定下さい。お届け先地域によっては最短のお届けでも9月2日(土)以降になる場合がございます。何卒ご了承ください。

ご注文はこちらから

LCFマンデリンがロースト別で3種登場!さらに、夏に飲むホットでこそ美味しいコーヒーもご紹介!

2017年8月8日 by tanakadai

lcfm-set_news

今回はLCFマンデリンの独特のキャラクターをロースト別に楽しんでいただきたいと思い、ハイロースト、シティロースト、フレンチローストの3種類をご用意しました。量をそんなに飲まれない方にも気軽に飲み比べを楽しんでいただくため、それぞれを100gずつ入れた3種セットも販売します。

マンデリンの酸味にフォーカスしたハイローストは、軽やかで透明感のあるコーヒー。柚子やレモンを思わせる瑞々しくシャープな酸味とほのかな甘みが重なります。

シティローストでは、少し酸味の効いたオレンジを思わせる爽やかな果実感とマンゴーのような甘みの絶妙なバランスが印象的。

フレンチローストはヒノキの澄んだ香りやなめし革を思わせる独特のキャラクターを備えています。ボディ感のある苦みと、滑らかな質感やコクはフレンチローストにすることでより強調されています。

本商品は8月25日午前8時までの期間限定商品です。こんなにも贅沢にLCFマンデリンを飲み比べられることは滅多にありません。ぜひこの機会に味わい尽くしていただければと思います。

 

ご注文はこちらから

ここからは、夏に飲むホットでこそ美味しいコーヒーもご紹介!

当社では6月から「アイスコーヒーと過ごす夏」ということで、夏のコーヒーの楽しみ方の一つとして、アイスにしてもおすすめのコーヒー豆をご紹介してきました。暑い夏にキンと冷えたアイス、いいですよね。
ただ一方で、コーヒーはホットしか飲まない、アイスだとお腹が冷えてしまう、室内の冷房がききすぎて…と、夏でもホットを飲まれている方は多いのではないでしょうか。今回は特にそんな方にむけて、夏のこの時期に飲む、ホットでこそ美味しいコーヒーをご紹介します。夏はやっぱりアイスでしょう!という方も、夏はまだまだ続きます。ここで一つ趣向を変えてみてはいかがでしょうか。

hawaii_news

昨年数年ぶりに販売したカイナリウ・コナ農園。繊細な酸の上品さと奥行きの深さを体験していただけたのではないでしょうか。今年も、自信をもって販売できる品質のものが入ってきましたので、ぜひご賞味ください。今年は特に豆質も良く、クリーンさが際立っています。

カイナリウ・コナ農園のコーヒーでは、ハイローストに仕上げることでティピカ品種特有の上品かつ繊細な酸味とほのかに感じる甘みが見事に表現されています。軽快な飲み口に、若草を思わせる澄んだフレーバーも感じられます。アメリカということでどうしても高価格になってしまいますが、それに見合う最高のクオリティを体験できる一杯です。いつもよりちょっと贅沢な気持ちになって、涼しい顔で夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ご注文はこちらから

0808_col_news

今回販売するコーヒーの生産者ホセ・ハビエルさんは男9人女1人の大兄弟。昨年販売した「ラ・ベガ農園」は彼らの農園で生産されたコーヒーですが、今回はそのなかでも特にカップクオリティに優れたホセ・ハビエルさんが所有する区画で栽培されたコーヒーです。40ヘクタールというコロンビア南部では珍しい大農園を兄弟で管理しており、各兄弟がそれぞれ区画分けされた農地を所有しています。そこで収穫されたコーヒーを共用のウェットミルに持ち込んで精製しています。

彼が管理する農地で生産されたコーヒーは、マンダリンオレンジを思わせる酸味のフレーバーが特徴的。コクがしっかりあるため味わいの余韻が長く、冷めてくるとピーチのような甘さや触感もカップキャラクターとして表れてきます。一杯を長くじっくり楽しめるコーヒーです。

ご注文はこちらから

0808_cos_news

コスタリカのコーヒー生産地域として知られるサン・ホセ州ドタ。ここでは雨季と乾季がはっきり分かれているためコーヒーの開花や成熟、乾燥に適しています。標高が高く冷涼なため厳しい土地ではありますが、コーヒー栽培には理想的な寒暖差を確保できる環境

ページトップへ