最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

当社のパートナー生産者ペドロ・エチェベリア氏が管理する農園から3ロットを販売します!

2017年2月16日 by tanakadai

150305_gua_news

当社のパートナー農園「サンタカタリーナ」において、最も標高の高いエリアで生産された特別なコーヒー“グランレゼルバ”を販売します。グランレゼルバには2つの区画があり、先日まで販売していたのがモンターニャ区画で、今回からはカンパメント区画のロットです。

サンタカタリーナはアカテナンゴ火山の斜面を開いて作った農園で、低地では1,553メートルから、高いところだと2,000メートルを超えます。栽培する標高が違えば当然味わいにも影響が出ます。標高の高い場所の区画で作られたグランレゼルバは昼夜の気温の寒暖差が他の区画より一層大きいため、コーヒーの生育には厳しい環境ですが、耐え抜いたコーヒーチェリーは実が引き締まり、栄養素が濃縮された密度のある味わいを感じることができます。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170216spbnews

グァテマラの優良生産地域アンティグアにある当社のパートナー農園「サンタカタリーナ」からピーベリーだけを集めたロットを販売します。
通常販売しているロットとはスクリーンサイズや形状ともに大きな違いがあるため、焙煎のアプローチには神経を使いますが、小さく丸い形のため熱が通りやすいといったメリットもあります。サンタカタリーナ農園のピーベリーはこの農園らしいバランスの良さはきちんと残しつつも、豊かなコクが感じられる味わいです。
今回はシティローストの範囲のなかでも浅めに焙煎することで軽やか・柔らかな印象になり、早春にぴったりの心地よさを感じる風味に仕上がっています。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170216tranews

ラ・トラベシア農園は標高3,976メートルを誇るアカテナンゴ火山の東斜面に位置するサンタカタリーナ農園と並列した場所にあり、栽培標高も約1,610~2,000メートルと同程度の高さを有していて、品質の高いコーヒーを生産することができる栽培環境です。
今ロットはブルボン品種のみ、かつ標高の高い場所で収穫したコーヒーチェリーに限定して仕立ててもらいました。酸とコクのバランスに秀でた安心感のある味わいを感じることができます。一方でラ・トラベシアならではの個性としてヘーゼルナッツを口にしたときに感じる甘い風味が心地よく余韻に表れ、魅力あるカップテイストを備えています。

 

ご注文はこちらから

 

 

ページトップへ