ブランドサイトTOP >  ニュース  > お知らせ > 南米の魅力に迫る!南米が生んだ高品質コーヒー3種新発売!

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

南米の魅力に迫る!南米が生んだ高品質コーヒー3種新発売!

2017年7月10日 by tanakadai

20170710_set_news

南米の主なコーヒー産地といえば、ブラジルやコロンビアを想像される方が多いと思います。昔からブラジルコーヒーやコロンビアコーヒーと国名でくくられてしまうことが多いこれらの国ですが、実際に現地に足を運んでみると、多様な気候や地形、生産方法、そして、生産者の考え方の違いがカップキャラクターに表れ、豊かな個性を生み出しているということを改めて感じさせられます。今回は当社が扱う豆のなかでも、南米3ヶ国の厳選されたコーヒーを揃えました。近年産地として注目しているペルー北部から「フェスパ農園」。豊かな土壌・気候環境によって優れたコーヒーが生み出されるコロンビア南部からは「エル・ペニョン イ ベジャビスタ農園」。根強い人気を誇るブラジルから「シティオ・ポンテ・フンダ農園」です。

どの農園も素晴らしいキャラクターを持ち、コーヒーの多様性を体現しています。これぞ、飲み比べ冥利に尽きるラインナップです。ぜひこの機会に南米で生まれた個性に富んだコーヒーをご賞味ください。

 

ご注文はこちらから

20170710_PER_news

販売初年度からご好評をいただき、一躍当社の人気商品となったペルーのフェスパ農園。すでに堀口珈琲を代表する農園であると言っても過言ではありません。その人気を裏打ちするのは高い生産管理技術によって生まれる素晴らしいカップキャラクターです。最高の一杯は最高の素材からという考えの下に、世界中のあらゆるコーヒーを探求するなかで出会えた、当社でもかけがえのないコーヒーです。今クロップも我々の期待を裏切らない素晴らしいクオリティを発揮してくれています。

シティローストで仕上げるフェスパ農園のブルボン品種は、柑橘系の華やかなフレーバーを備えています。そして、一切の雑味も感じさせないクリーンな味わいとカップバランスの良さもさることながら、まるでシルクを思わせる滑らかな舌触りも特筆すべき点です。それらが相まることで、口に含んだ瞬間から余韻に至るまで、心地よい一体感を感じさせてくれます。

ご注文はこちらから

20170710_COL_news

全長約7,500km、南米7ヵ国にまたがる世界最長の山脈であるアンデス山脈は、コロンビア南部で3本(西部、中央、東部)に分かれます。エル・ペニョン イ ベジャビスタ農園があるカウカ県では、主に西部山脈と中央山脈の間の地域でコーヒー生産が行われていますが、同農園は中央山脈の東側、すなわち隣接するウイラ県側に伸びた地域に位置しています。そのため、カウカ県に属しながらも、ウイラ県の気候や地形に近い環境であるといえます。

味わいからは、独特の酸味と甘みが感じられます。口に含むと、カラメルを思わせる甘さがとろっとした食感と共に広がり、フレーバーや余韻にはオレンジピールを連想させる酸と甘苦い印象も与えてくれます。カウカ県ともウイラ県とも異なる、新しいキャラクターを備えたユニークなコーヒーです。

ご注文はこちらから

20170710_BRA_news

ブラジルでも有数のコーヒー生産地域であるミナス・ジェライス州。その中心地ベロオリゾンテの南西、サン・パウロ州との境界付近にシティオ・ポンテ・フンダ農園はあります。ブラジルの農園としては小規模であるため、コーヒーチェリーの熟度を見極めながら手摘みで収穫をしています。作業としては大変ですが、熟度の高いチェリーのみを選択的に収穫できるため、カップのクオリティに反映させることができます。

同農園のコーヒーには濃厚なコクとしっかりとしたボディがあり、フレンチローストにも耐えうる芯の強さを備えています。それでいて、カカオを思わせる苦みを伴った甘さが優しく全体に広がっていく印象や、熟れた果実の風味もキャラクターとして感じられます。非常にクリーンで、飽きることなく飲み続けられるコーヒーです。

ご注文はこちらから

ページトップへ