ブランドサイトTOP >  ニュース  > お知らせ > 春に向けて飲みたいコーヒー集めました!

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

春に向けて飲みたいコーヒー集めました!

2018年3月3日 by onozuka

20180222_primavera_news

春の訪れを感じさせてくれる
軽やかで華やかな味わいが楽しめる期間限定ブレンド

みなさんはどんな時に春を感じるでしょうか。
桜が開花した時? 陽が長く感じられた時? 新入生や新社会人を見かけた時、なんて方もいるかもしれません。春は様々な形で私たちに近づいてきますが、私たち堀口珈琲のスタッフは、この「プリマヴェーラ」の販売時期が迫ってくると「今年も春が来たな~」と感じます。

ご注文はこちらから

20180222_elsalvador_news

エルサルバドル屈指のパカマラ品種を生産する農園
きれいな酸と甘みの調和がとれた上品な味わい

エルサルバドル屈指の優良農園である「シベリア農園」のコーヒーを今年もお届けします。同国には多くのコーヒー農園があるなかで毎年このシベリア農園を扱うのは、やはり品質の面で群を抜いて良いからです。クリアで透明感のある酸に加え、シティローストにすることで甘みも引き立ち、双方がバランスよく調和しています。そして何といってもカップのクリーンさはエルサルバドルのなかでも最高峰の水準を誇ります。先日まで販売していたニューイヤーブレンドにも使用しており、その評価は折り紙付きです。

ご注文はこちらから

20180222_easttimor_news

当社が長年力を入れる東ティモールのコーヒー
今年の東ティモールは一味違います

21世紀最初の独立国としても知られている東ティモール。オーストラリアの北側にあるティモール島の東半分、および2つの島とインドネシア領西ティモールにある飛び地オエクシを国土とする島国です。当社では東ティモールのコーヒーに長年力を入れ、毎年扱い続けてきました。堀口俊英も自ら現地に足を運び、産地や実験圃場の視察、ワークショップなどを行っています。やや厚みのある触感に舌の上を転がるように広がる滑らかな質感。シティローストでありながら”程よい”飲みごたえを楽しめます。赤いチェリーを思わせるわずかに熟した果実の風味も感じられ、明るい酸に軽快な飲み心地が特徴的だったこれまでの東ティモールとは少し違った、しっとり上品なキャラクターをご堪能いただけるはずです。エラトイ集落のロットは短期間での販売となりますのでお早めに!

ご注文はこちらから

ページトップへ