ブランドサイトTOP >  ニュース  > お知らせ > アジア、南米、中米から個性豊かなコーヒーがそろいました!

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アジア、南米、中米から個性豊かなコーヒーがそろいました!

2018年5月23日 by onozuka

Malabar_news

インドネシアコーヒーの新たな可能性
ジャワ島西部の「マラバール」新登場

当社のインドネシアコーヒーといえば、まずLCFマンデリンを思い浮かべる方が多いと思います。同国のなかでも高品質なコーヒーを栽培できる地域としてスマトラ島には長年力を入れてきました。その結晶がLCFマンデリンであることは間違いありません。
一方で、ジャワ島やその他の地域でもコーヒーは多く栽培されています。それぞれ産地のひとつとして注視はしていましたが、正直なところ当社で扱える品質のものがほとんど現れてきませんでした。しかし、今回ジャワ島の西部バンドゥンから届いた「マラバール」は、スマトラ以外からもこのクオリティのものがやっと来たかと思えるほど、インドネシアの新たな可能性を感じさせてくれるコーヒーです。

ご注文はこちらから

ElJordan_news

トリマ県南部ガイタニアの最高品質ロット
50農家が収穫したコーヒーから厳選

コロンビア第3位のコーヒー生産量を誇る県「トリマ」。コロンビアの中心部からやや西側に位置し、南にはこちらもコーヒー生産地として有名なウイラ県やカウカ県が隣接しています。県内にはコーヒー生産に適した土地が多く、60,000人以上もの人々がコーヒー生産に従事しています。国内のコーヒー生産量の12.8%を占める一大生産地域です。
今回はそんな生産者がしのぎを削る地域で高品質なコーヒーを育み続ける生産者組合「エル・ホルダン」のコーヒーをお届けします。

ご注文はこちらから

Vendaval_news

過酷な「ベンダバル」を耐え抜いて育ったコーヒー
滑らかな質感にカラメルを思わせる甘み

スペイン語で強風を意味する「ベンダバル」。その名の通りこの農地では雨粒を伴った冷たい強風がカリブ海側から山を越えて吹き降ろすことがあります。そのために気温がとても低くなる一方で、南向きのため日差しは適度に確保できており、この寒暖差のおかげで糖度の高いコーヒーチェリーが育まれています。
過酷な「ベンダバル」を耐え抜いて育ったコーヒーをぜひお楽しみください。

ご注文はこちらから

 

ページトップへ