ブランドサイトTOP >  ニュース  > お知らせ > 新商品は南米づくし!存分にお楽しみください!

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新商品は南米づくし!存分にお楽しみください!

2018年6月6日 by onozuka

SanFrancisco_news

優良生産地域ナリーニョで育まれたコーヒー
最高品質を備えてシングルオリジン初登場

コロンビア屈指のコーヒー生産県「ナリーニョ」から「サン・アントニオ農園」に続いて「サン・フランシスコ農園」のコーヒーを販売します。ナリーニョは太平洋と赤道に沿ったコロンビア南西部に位置しています。ほぼ赤道直下に位置するこの県では日差しは潤沢に降り注ぎ、火山性の肥沃な土壌が広がっています。農園主のディエゴ・ロペスさんは試験的に他の品種植えてみたり、乾燥工程においてパーチメントコーヒーへのダメージを緩和するためにグリーンハウスの改善に取り組むなど、品質向上に熱心な方。そんな彼が手掛けたコーヒーからはナリーニョらしいボディと厚みを感じられるはずです。ぜひ一度お試しください。

ご注文はこちらから

Fespa_news

当社のペルーコーヒーの代名詞「フェスパ農園」
ブルボン品種・カトゥーラ品種 同時販売

もうこの農園は紹介の必要がないほど皆様に認知され、また評価されているのではないでしょうか。当社がペルー北部カハマルカ県の秘境で見つけた農園「フェスパ」。適切な寒暖差を確保できる標高があり、一定の雨量や日照量、そして豊かな土壌を備えた環境が整っており、地理的にも申し分ないポテンシャルを持っています。また、農園主のウィルダー・ガルシアさんは若いながらも農園管理に関する最新の専門知識を学び、自身の農地の生産性・品質双方を飛躍的に向上させた実力者。今年は4月にティピカ品種を販売しましたが、今回はブルボン品種のシティローストとカトゥーラ品種のフレンチローストを同時販売します。

ご注文はこちらから

MacaubasdeCima_news

当社とパートナーシップを結んだ最初の農園
滑らかな舌触りとビターチョコを思わせる甘み

堀口珈琲と最初にパートナーシップを結んだ農園。ミナスジェライス州にある「マカウバ・デ・シーマ農園」から上質なコーヒーが届きました。農園主であるグラウシオさんはコーヒーの生産に対して非常に柔軟な考えを持っている生産者。一般的なブラジルコーヒーにみられる濁りのある味わいとは無縁のクリーンでキャラクターをしっかり備えたコーヒーを作りたい、という私たちの想いに応え、数年前からブルボン品種の栽培を始めてくれました。そんな想いは品質にもしっかりと表れています。高品質なブラジルコーヒーのキャラクターをしっかり備えたクリーンな一杯をお楽しみください。

ご注文はこちらから

 

ページトップへ