ブランドサイトTOP >  ニュース  > お知らせ > 待望のケニア ニュークロップ登場

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

待望のケニア ニュークロップ登場

2018年9月11日 by shimazaki

20180911_gakui_news

待望のケニア ニュークロップ登場
豊かな果実味と力強いボディ感

当初の予定から入荷が遅れておりファンの方にはお待たせしてしまいましたが、ついに「ケニア」の地から念願のニュークロップが届きました。ガクイファクトリーはケニア山周辺にみられる肥沃な赤土の土壌や1,800mを超える標高など、優れた生育環境で栽培されていることだけでなく、スタッフが各農家やファクトリーの従業員に対して収穫指導や選別指導をきちんと行っています。一般的にケニアの高品質なコーヒーにはしっかりした酸からくる豊かな果実感や濃厚なコク、ボディが備わっているのが特徴で、個性的な香味を楽しめるコーヒーとして知られています。チェリーなどの赤い果実やブラックベリーなどの黒い果実、パッションフルーツや乾燥プルーン、トマトなど、そのケニア独特の香味を表す言葉は枚挙に暇がありません。優れたケニアコーヒーからは多様なニュアンスを感じ取ることができます。今回はガクイのコーヒーを通じてそのキャラクターの幅や固有のニュアンスを感じていただくため、シティローストとフレンチローストでのご用意です。

ご注文はこちらから

20180911_gasura_news

組合屈指の品質を誇るガスーラ
コクと甘みにきれいな酸が溶け込む

今回ご紹介するのはコアカカ協同組合に所属する「ガスーラ村」で栽培されたコーヒーです。ルワンダ南部フイエ郡に存在する小さな村で、ここでは標高・雨量・気温の点でコーヒー栽培に非常に優れた環境が整っています。シティローストではありますが、バランスの取れた苦みとコクからは力強さも感じられ、程よいボディ感を生み出しています。また、その間で感じられるきれいな酸の表情は非常に豊かです。温かいうちは柑橘系の爽やかな印象ですが、時間と共に赤い果実のニュアンスも表れ、甘みも増してゆきます。初めてルワンダコーヒーを飲まれる方はその品質の高さに驚かれるかもしれません。

ご注文はこちらから

ページトップへ