ブランドサイトTOP >  ニュース  > お知らせ > 横浜ロースタリーの稼働が始まりました

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

横浜ロースタリーの稼働が始まりました

2019年3月29日 by rito

20190329_HCYR_apperance

 

横浜ベイブリッジを間近に望む新山下の臨港地区に堀口珈琲の新しいロースタリー(焙煎所)が完成し、稼働を開始しました。狛江で行なってきたコーヒー豆の焙煎を今後は横浜で行なっていきます。

 

焙煎施設を新設したのは、狛江店が手狭になったことに加え、私たちがさらに高品質なコーヒーづくりを目指したいと考えたからです。

 

ロースタリーの立地を横浜の臨港地区にしたのもその一環です。私たちの使う生豆のほとんどは横浜港に到着した後、臨港地区の定温倉庫で保管されています。その倉庫に焙煎所をぐっと近づけることで、生豆が倉庫から焙煎所まで輸送される距離と時間を大幅に短縮しました(これまでは2日程度かかっていた輸送が最短で数分程度になりました)。これにより輸送中に生豆の品質低下が起こるリスクをさらに減らしています。

 

ロースタリーの建物内では区画をきちんと分け、工程ごとに適切な清潔度・衛生度を確保しました。生豆の選別機や焙煎豆の混合機(ブレンダー)を新たに導入するなど、品質向上・安定のための設備も増強しています。

 

しっかりとした「ものづくり」に専念するため、横浜ロースタリーには喫茶店や物販店を設けません。そのかわり、建物の中央に見学者通路を設け、生豆の選別から焙煎豆の包装に至る一連の工程が間近に見られるようにしました。このような特徴を活かして、横浜ロースタリーでは見学会などのイベントも開催していく予定です。

 

横浜ロースタリーを活用して、「常に最高品質のコーヒーを追求し、お客様においしさと喜びをお届けすることで、コーヒーの価値を高め、人々の豊かな暮らしに貢献する」という経営理念の実現に堀口珈琲はこれまで以上に邁進してまいります。

 

所在地
神奈川県横浜市中区新山下3-11-42
※喫茶・豆販売営業は行っておりません。

ページトップへ