最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ロースターが五感と経験を駆使して創り出した、今できる最高の一杯を表現したブレンド「ROASTERS’ BLEND」販売開始します!

2017年4月25日 by tanakadai

20170425roanews

素晴らしい香味特性を持つコーヒーを使って、今飲める最高の一杯を目指し創った「究極の深煎り」のブレンド。それがROASTERS’ BLENDです。

今回のテーマについてロースター小林はこう語っていました。
『テーマはずばり”SWEETNESS”。優れた生豆と適切な焙煎によって生み出されるフレンチローストからは、柔らかな苦みと甘みが感じられます。そんな心地よいBITTERSWEETを求めて様々なコーヒーを焙煎していると、ごく稀に”苦み”を忘れさせるほどの”甘み”を感じさせるものがあります。「この豊かな“甘み”にとことんフォーカスして新しい味を創り出せたら…」そんな発想を形にしました。』

堀口珈琲だからこそ提供できるコーヒーとはどんなものなのかを突き詰め、テーマに沿った最高の素材を選りすぐり、どの定番ブレンドとも異なる“甘美なフレンチロースト”の世界を表現したROASTERS’ BLEND。ぜひご堪能ください。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170425Africaset_news

アフリカのエチオピアやケニアで産出されたコーヒーはその特徴的な香味から、高品質コーヒーの世界においては欠かすことができないほど重要な存在として認知されています。また、日本では昔からキリマンジャロという名で親しまれてきたタンザニアや、近年著しい成長を遂げているルワンダでも品質の高いコーヒーが生産されています。

当社ではこれらの国のコーヒーを味わいの可能性を広げてくれる多様性に満ちた存在として重要視し、特段優れた農園や精製場のコーヒーを以前から購入してきました。現在、ちょうどアフリカの4ヵ国のコーヒーが同時期に揃っていることもあり、飲み比べしていただこうと考えたのが「アフリカコーヒー飲み比べセット」です。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170425hahagift_news

冷たい風が吹き付ける2月。このときから今年の母の日のギフトについて構想を練っていました。ここ数年はコーヒーとチョコレートとの相性を考えた様々な味わいのギフトを販売していましたが、コーヒーとお菓子の組み合わせはもっと自由で楽しいものということを体験していただきたく、今回は和菓子をセットにしました。

コーヒーと和菓子は意外と相性がよく、比較的どんな種類でも楽しむことができます。ただ、根っからの凝り性である私達は数ある和菓子のなかで、特にどれがコーヒーとの良さを引き出してくれるのかにこだわり、いろんな種類の和菓子を試してみました。その結果、特に面白さを感じることができたのが「石衣」と「琥珀糖」というお菓子です。 コーヒーは当社の#3を選びました。

初めての試みながら、非常におもしろいものができたと自負しております。コーヒーが好きなお母さん、甘いものが好きなお母さんにプレゼントしたら喜ばれると思います。もちろんご自分用も大歓迎ですよ。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170425kigunews

この時期は気温も高すぎず、優しい日差しと柔らかで心地よい風が感じられ、アウトドアを楽しむには最高の季節です。そんな環境でコーヒーを飲めばいつもよりおいしく感じられること間違いなし。

人気のポーレックスや薄さ・軽さが魅力のコーヒードリッパーMUNIEQ ( ミュニーク ) Tetra Dripなど、アウトドアシーンで使えるコーヒー抽出器具をいくつか入荷しましたので販売します。

 

ご注文はこちらから

 

トップショコラティエ「テオブロマ」とコラボしてできたホワイトデーのギフトを販売します。数量限定なのでお早めに!

2017年2月27日 by tanakadai

20170227whinews

大好評だったバレンタインギフトに続き、ホワイトデーギフトもトップショコラティエ「テオブロマ」とコラボしました。
コーヒーとチョコレートが最高のペアであることを証明する素敵なギフトが完成しました。ホワイトデーにプレゼントするのも良し、おねだりするのも良し、ご自分用にご購入されるのも良し。60セットのみの数量限定販売です。

 

ご注文はこちらから

 

20170227prinews

今年に関してはロースターの心を擽るほどとても優れた素材が今この時期に揃っていたこともあり、現時点での最高の一杯にするべく、素材の選定・配合のバランスにとことんこだわったプリマヴェーラブレンドを作りました。
あーでもない、こーでもないと何度も試行錯誤を繰り返して生み出した味わいは、今までのプリマヴェーラブレンドのイメージを継承しつつも、更にブレンドとしてシングルオリジン単体では味わえない「味の創造」という部分を突き詰めて作り上げました。今のタイミングではもうこれ以上に良い味はできないといえるほどの自信作です。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170227yasnews

ジャサルは明るくフレッシュな酸と余韻に表れる優しい甘み、そして桃のように滑らかで繊細な触感、それらが絶妙なバランスでまとまった至福の一杯を約束してくれる味わいです。これらカップキャラクターを素直に活かすため、シティローストで焙煎しました。生産者のチャレンジ精神が生み出した最高品質のコーヒーをぜひご体験ください。

 

ご注文はこちらから

 

 

季節限定の特別ブレンドを販売します!

2016年2月18日 by tanakadai

150305_prima_news

暖かくなったかと思いきや、まだまだ寒い日が続く今日。春の訪れを待ちわびる気持ちが一層強くなってきました。そんなときは軽やかな味わいが特徴のプリマヴェーラブレンドを飲みながら、心を落ち着かせてゆっくりと春の到来を待ちましょう。

例年より少し早めの販売となる今年のプリマヴェーラブレンドは東ティモール「カフェ・タタマイラウ キリレロ」とペルー「フェスパ農園 カトゥーラ」をベースに、ケニア「カラツファクトリー」を加えて作りました。 このブレンドには“丸みを帯びた、やわらかさ”を基本のコンセプトとして据え、同じハイローストでも#1のもつシャープ感・快活さとは対照的なキャラクターです。今年は華やかさや
サクランボのような甘酸っぱさを加えて、穏やかさのなかに躍動感のある、節目の季節らしい味わいを感じていただけるように仕上げました。

 

ご注文はこちらから

 

 

20160218madnews

マドロネーロ農園はナリーニョの北東部サン・ロレンソ市近郊にあります。コロンビア南部の一般的な農家と同様に小規模で運営されていて、農地面積は1.5ヘクタール、栽培面積はわずか1ヘクタールしかありません(残りは森林です)。農園ではティピカとカトゥーラのふたつの品種を栽培していますが、今回はティピカだけを選抜してロットを仕立ててもらいました。

マドロネーロ農園のコーヒーからはティピカらしい上品で繊細な味わいと心地よい舌触りが、そして、ナリーニョ産ならではの豊かな果実感が感じられます。春が近づくこの季節にぴったりのコーヒーです。

 

ご注文はこちらから

 

 

20160218flonews

グァテマラにも“ラ・フロリダ農園”がありますが、今回はコロンビア、ナリーニョのラ・フロリダ農園を販売します。

農地面積は2ヘクタールほどで、栽培品種はカトゥーラ品種のみ。小規模農家の多いコロンビア南部では、収入を確保するために耐病性のあるカスティージョ品種が多く栽培されています。そのような現状でカトゥーラ品種の単一栽培は非常に貴重であり、生産者の味わいに対するこだわりも感じられます。

ラ・フロリダ農園のコーヒーは不知火(デコポン)を思わせる豊かな果実感に、口当たりの柔らかさ、そしてカップのクリーンさが際立つ味わいです。同時に販売しているマドロネーロ農園のコーヒーと飲み比べしてみてください。

 

ご注文はこちらから

 

 

20160218melnews

首都グァテマラシティから北西に直線距離にしておよそ40キロの場所にあるチマルテナンゴ県サン・マルティン・ヒロテペケ。この町で古くから営まれている
農園がラ・メルセーです。

メルセーのコーヒーは滑らかな触感に花の蜜のような甘みが特徴のコーヒーです。今までシティローストで販売してきましたが、今回はフルシティローストで焙煎しました。それにより触感の丸さや粘性がより表れて、このコーヒーならではの独特な個性が楽しめる味わいに仕上がりました。

 

ご注文はこちらから

 

 

お中元ギフト、販売開始します!

2015年6月26日 by tanakadai

20150626_gift_news

気が付けばもうお中元の時期。皆様、大切な方・お世話になった方への贈り物はお決めになりましたでしょうか?まだの方は堀口珈琲のお中元ギフトに決めてしまいましょう!

今年のギフトの中身は定番ブレンドの♯1と季節限定のブレンドであるサマーブレンド。♯1は苦味がほとんど感じられず、とっても軽やかな飲み心地のコーヒーです。瑞々しくシャープな酸味のなかにほのかな甘みがあることで、さっぱりとしていながらも味の複雑さも楽しむことができます。夏でもホットがおいしいコーヒーです。

サマーブレンドはしっかりとした苦味に豊かな甘みと濃厚なコクが広がる味わいが特徴です。ホットでももちろんおいしいのですが、アイスコーヒーにしてもまた絶品。清涼感があり風味豊かな味が心地よく感じられます。

そして3袋が入るギフトには♯5が加わります。カカオのような香ばしさを感じるフレーバーにヘーゼルナッツやミルクチョコレートのような甘み、そして滑らかで密度のある触感が感じられます。ほろ苦さと甘みのバランスが絶妙なブレンドです。ホットはもちろん、アイスコーヒーにすると、甘い余韻が心地よく続くすっきりとした味が楽しめます。

 

ご注文はこちらから

 

 

150623_SUMMER_news

暑い夏の夜はビールで喉を潤す。これは間違いありません。では日中はというと…きりっと冷えたおいしいアイスコーヒーがベストでしょう。暑さに負けてしまいそうな夏の時期を乗り越えるための必須アイテムが今年も登場しました!

今年のサマーブレンドはメインにペルーのフェスパ農園を使いました。このコーヒーのボディは輪郭がしっかりとしていて、豊かな甘みが広がります。そこにブラックバーン農園を加えることで生まれる味の厚みと、#9の持つ力強い苦味が合わさることで、濃厚なコクと甘みを味わえるコーヒーが出来上がりました。フレンチローストのなかでも、ややしっかりめの苦味であるサマーブレンドはアイスコーヒーにしても絶品。苦味の後に表れる甘さが余韻として広がり、清涼感のなかにも確かな飲みごたえのある味わいが楽しめます。
2015年版サマーブレンド、ぜひお試しください!

 

ご注文はこちらから

 

 

150623_set_news

先月から定番ブレンドを3種類のセットにして期間限定で販売しておりますが、第2弾をご用意しました。
今回は♯4、♯5、♯6の3種類のブレンドを組み合わせました。焙煎度合いも、カップキャラクターもバラバラ。堀口珈琲のブレンドの味わいのなかでも一際強い個性を放っている3種類です。初めてお試しされる方はその味わいにびっくりされるかもしれません。高品質のコーヒーから感じられる個性・多様性を楽しむには最高の組み合わせです。

 

ご注文はこちらから

 

 

150623_IDN_news

期間限定で販売したLCFマンデリンのシティローストに続き、浅めの焙煎であるミディアムローストをご用意しました!今回も1ヵ月の限定販売です。シティローストのときにもお伝えした通り、深く焙煎することで生まれるシルキーな口当たりこそがマンデリンの最大の特徴です。しかし、マンデリンには特徴的な酸味も備わっており、今回はその酸味の部分によりフォーカスして味わっていただきたく、ミディアムローストもご用意しました。

マンデリンのミディアムローストからは従来のイメージを覆す瑞々しくシャープな酸味が溢れ出ているかのように感じられます。複雑な味わい故、様々な香味に例えることができますが、なかでも酸味と甘み、そしてなめらかな触感からは、まるで“すもも”のような味わいが連想できます。これだけさっぱりとした軽快な飲み心地だと、気温が高くなろうが何杯でもホットで味わいたくなりますよ。

 

ご注文はこちらから

 

 

150623_GUA_news

堀口珈琲では初登場となるレティロ・デ・キサヤ農園。アンティグアの北にあるチマルテナンゴ県サンマルティン・ヒロテペケに同農園は位置しています。実は先日まで販売してしていたラ・メルセー農園と同じオーナーであるファン・ルイス・バリオス・オルテガさんが管理を行っています。農園の隣には同じ名前のウェットミルが併設されており、ラ・メルセー農園のコーヒーもこのミルで精製処理しています。

農園内はきれいに区画が整備されていて、松・グラビレア・インガといったシェードツリーが均一に植えられています。そのため、コーヒーチェリーは栄養を貯め込みながらゆっくり成長することができ、豊かな味わいのコーヒーが生まれます。

レティロ・デ・キサヤ農園はラ・メルセー農園と同じエリア、同じミルで作られていることもあり、味わいからは共通する部分も持ち合わせています。一口飲んで感じるのがその独特の甘み。カラメルのようなほろ苦さを含む甘みが余韻として残ります。ただし、レティロ・デ・キサヤはより口当たりが軽やかなのが特徴で、優しい飲み心地が楽しめるコーヒーです。

 

ご注文はこちらから

 

 

 

 

 

 

皆様、お忘れでしょうが6月21日は父の日です。堀口珈琲では今年もギフトをご用意いたしました!

2015年6月3日 by tanakadai

20150603_f-gift_news

世間一般では母の日よりも軽く扱われてしまう、少し残念なイベント「父の日」。普段、家では肩身の狭い思いをしているお父さんに幸せになっていただけるよう、堀口珈琲では気合いを入れてギフトをご用意しております。毎年同じことをいっているかもしれませんが、2015年版の父の日ギフトは堀口珈琲史上、過去最高の出来となりました。

今回も日本を代表するトップショコラティエ「テオブロマ」とコラボしました。もうお馴染みとなりましたね。ただし、父の日のギフト用として作っていただいたのは初登場の新しいお菓子のボンボンショコラ2種類とマカロンラスクです。味・ボリューム共にきっと満足いただけると自負しております。そして、コーヒーは毎年この時期に販売するお馴染みPAPA’Sブレンド。最強の組み合わせといえるのではないでしょうか。

普段、照れくさいという理由もあって、なかなか面と向かってお父さんに日頃の感謝の気持ちを伝えたりする機会というのは少ないと思います。今年は堀口珈琲の父の日ギフトを贈って、「ありがとう」を伝えましょう。

 

ご注文はこちらから

 

 

20150603_Liquid_news

気温が上がるにつれて恋しくなるのがきりっと冷えたアイスコーヒーですね。手軽に楽しめるリキッドタイプのコーヒーギフトをご用意しました。

簡易商品であってもレギュラーコーヒーと遜色ないクオリティの味わいを提供したいとの思いから、堀口珈琲では味作りに非常に長い時間をかけています。特に今年はロースターの大瀧がリキッドコーヒーの充填現場である北海道・羊蹄山を訪れ、何種類ものパターンを試作し、あーでもない、こーでもないを繰り返しながらベストの味わいを見つけ出しました。

ただ苦いだけのリキッドコーヒーとは一線を画したクリアながらきりっとした飲みごたえ。これだけ心地よい飲み口はなかなか体験できません。また、ミルクと合わせてカフェオレにしても“コーヒー感”が消えることなく丁度よいバランスでお飲みいただくことができます。また、ワインボトルをイメージしたビンの形状とラベルからは高級感を感じることができ、コーヒーをビンに詰めることで、未開封時の風味の劣化を抑えられてより長期間おいしい状態をキープすることができます。まさにプレゼントに最適な商品といえます。

お中元をまだ決めていらっしゃらない方、迷うことはありません。今年はこのリキッドコーヒーギフトをお選びください。

 

ご注文はこちらから

 

 

20150603_papa_news

既存の概念を打ち破り、まったく新しい観点から堀口俊英自身が考案して生まれたブレンド、それがPAPA’Sブレンドです。堀口珈琲ではチャレンジ精神を持って常に新たな香味を求めブレンド作りを行っていますが、今回も“らしさ”が詰まった自信の一杯ができました。

今回のPAPA’Sブレンドはグァテマラ サンタカタリーナ農園グランレゼルバとエチオピア ウォテ、そしてインドネシア LCFマンデリンと堀口珈琲のシングルオリジンのラインナップのなかでも常に人気の、いわば王道と呼べる3種類を組み合わせて作りました。
それぞれのコーヒーには強いキャラクターが備わっていますが、このコーヒーを一口飲んでみるとアクの強さは全然感じず、むしろ絶妙なバランス感がとても心地よく感じられる味わいに仕上がっています。コクの豊かさ、酸味の華やかさが立体的にかつ複雑に表現され、堀口珈琲におけるブレンド作りの奥深さを堪能できるコーヒーといえるでしょう。期間限定の商品となりますのでお早めにご注文ください。

 

ご注文はこちらから

 

 

年初めの一杯にニューイヤーブレンドはいかがですか?

2014年12月26日 by tanakadai

141226_newyear-news

2015年の年初めの一杯にはまずこのコーヒーでしょう!
毎年恒例、ニューイヤーブレンドの登場です。

ニューイヤーブレンドを作る上でのコンセプトは“新年への想いを込めた、新しい香味へのチャレンジ”です。年の瀬で忙しいなか、どのような香味にするのかと考えるのは毎年苦労しますが、“単一農園では作れない新たな香味をブレンドコーヒーで作る”という堀口珈琲の取り組みを表現する上ではとても重要な仕事です。今年は私たちが注目してきた産地の旬のコーヒーを2種類組み合わせて作りました。堀口珈琲の今を感じることができるはず。

丸みのある柔らかな口当たりとコク、明るくふくよかな酸味。今年のニューイヤーブレンドはこんな印象の味わいです。新しく入荷し、このブレンドの為にローストしたコロンビアナリーニョ「エル・タブロン・デ・ゴメス」の豊かで柔らかいコクに、ケニア「ガクイファクトリー」の葡萄のような甘みを伴う酸味と厚みのあるボディが合わさることで、シティローストながら甘み、コク、酸味のどれもがしっかりと備わった肉厚な味わいに仕上がっています。例年同様、期間限定の販売ですのでお早めにどうぞ。

 

ご注文はこちらから

 

 

141226_newyearGIFT-news

近年、御歳暮や年賀状を贈るなどの日本の伝統行事が若い人たちを中心に見直されつつあります。同様にお年賀も贈られる方も増えてきているそうです。お年賀をご検討されている皆様、今回は堀口珈琲のコーヒーギフトなんていかがでしょうか。

12月29日午前8:00までの期間限定受注ですので、「お年賀ギフトは堀口に任せた!」という方はぜひお早めにご注文ください。

 

ご注文はこちらから

 

 

衝撃のゲイシャ再び?リオクリスタルがついに入荷しました!

2014年12月3日 by tanakadai

141203_ri_news

初収穫から2シーズン目を迎えたリオクリスタルのゲイシャがついに入荷しました!昨シーズンのリオクリスタルには、圧倒的なまでの華やかで力強いフレーバーにハイローストでもしっかりと感じられた複雑で厚みのあるボディが備わっており、ゲイシャの新たな時代の到来を告げるかのような素晴らしい風味を楽しむことができました。

初年度の丸みのある複雑な触感はやや落ち着いた印象ですが、ゲイシャの代名詞ともいえるミカンや柚子といった柑橘系の果物や、パッションフルーツを思わせる明るく華やかなフレーバーは今年のカップにも充分に感じられ、改めてリオクリスタルの底力を見せつけられた気がします。ぜひ、今年のリオクリスタルの味を確かめてみてください。

 

ご注文はこちらから

 

 

141203_HH_news

12月に入った途端に一段と気温が低くなり、寒さが骨身にこたえるようになってきました。そんな時、暖かい部屋でほっと一息つくのにおすすめの「ハッピーホリデーブレンド」を販売開始いたします。ケーキと一緒に楽しめるコーヒーというコンセプトのもと、程よい苦味が絶妙なフルシティローストでご用意しました。

今年のハッピーホリデーブレンドは、クリスマスケーキの王道、シャンテフレーズ(イチゴのショートケーキ)と素晴らしいマリアージュを奏でてくれます。生クリームのコク、イチゴの程よい酸味と優しい甘さのバランスが魅力であるシャンテフレーズと、滑らかで重層的なコクに心地よく香る果実の風味が特徴のハッピーホリデーブレンド。この2つの相性は抜群です。

ハッピーホリデーブレンドはクリスマスまでの期間限定の販売ですので、飲み逃しのないようお早めにお買い求めください。

 

ご注文はこちらから

 

 

141203_HG_news]

今年も堀口珈琲ではクリスマスギフトをご用意しました。毎年12月頃に登場する冬期限定の「ハッピーホリデーブレンド」と、冬のギフトのためだけに作った特別なコーヒーの「パパブレンド」の2種類のセット。このタイミングでしか味わえない
ブレンドなので、プレゼントはもちろん、ご自宅用にもおすすめします。

ハッピーホリデーブレンドは程よい苦味と滑らかで豊かなコクが備わっており、やや深煎りながらしっかりとした飲みごたえが味わえます。シャンテフレーズ(イチゴのショートケーキ)とは相性抜群。パパブレンドは軽めのシティローストに仕上げました。華やかですっきりとした香味のなかに複雑な余韻が楽しめるユニークなコーヒーです。生のフルーツだけでなく、ドライフルーツを使ったケーキとの組み合わせの良さを感じることができますよ。

今の時期はシュトーレンとパパブレンドを一緒に少しずつ楽しみ、クリスマスの日にはケーキとハッピーホリデーブレンドを一緒にお召し上がりいただくのがおすすめです。さらに今回はリオクリスタルを加えたプレミアムなギフトも販売します。こちらもぜひご検討ください。

 

ご注文はこちらから

 

 

皆様、2014年の元旦はニューイヤーブレンドを飲みましょう!

2013年12月25日 by tanakadai

new_news

 

毎年、新年を迎えるにあたり登場するニューイヤーブレンド。コンセプトは「新年への想いを込めた、新しい香味へのチャレンジ」です。年の瀬で忙しいなか、このブレンドをどのような香味にするかを考えるのは毎年四苦八苦しますが、“単一農園では作れない新たな香味をブレンドコーヒーで作る”という堀口珈琲の取り組みを表現する上でとても重要な仕事です。「堀口珈琲は今年も期待できるな」と思っていただけるよう気合いを入れてブレンドを作りました。

ニューイヤーブレンドはマンダリンオレンジをイメージさせる明るくシャープな酸にマイルドで奥行きのあるコク、シルキーな触感が余韻として感じられ、新年にふさわしい豊かな味わいに仕上がりました。

年初めの一杯にはまず2014年版ニューイヤーブレンドはいかがでしょうか。気持ちよく新年を迎えられること間違いなしです。

会員のお客様はネットショップでコーヒー豆をご購入いただきますと通常、購入金額に対して3%のポイントをお付けしていますが、こちらの商品はポイント10%の設定にしています。期間限定販売ですので、飲み逃しのないようお早めにお買い求めください。

 

ご注文はこちらから

冬限定のブレンドに東ティモール、コスタリカが入荷!どれも素晴らしい味わいです。

2013年12月1日 by tanakadai

HB_news

 

毎年この時期に販売し、大好評をいただいている「ハッピーホリデーブレンド」がついに登場です!ケーキと一緒に楽しめるコーヒーというコンセプトのもと、程よい苦味が絶妙なフルシティローストにてご用意しました。クリームたっぷりのケーキからフルーツケーキまで様々なケーキとの相性がよいコーヒーです。オレンジのような豊かな酸とほんのりと優しい甘みが特徴で、まるでオランジェを思わせる味わい。

クリスマスの時期に欠かせないのがドイツの伝統的なお菓子「シュトーレン」。もちろんシュトーレンとも相性がよく、ドイツではクリスマスの日に合わせ、味の変化を楽しみながら少しずつ食べるのが伝統のようです。同じようにハッピーホリデーブレンドもローストしてからの香りの出方や味の変化を感じながら飲んでいただくことで、より一層このブレンドが持つ豊かな味を体験できますよ。

ネットショップのコーヒー豆は通常、購入金額に対して3%のポイントをお付けしていますが、こちらの商品はポイント10%の設定にしています。クリスマスまでの期間限定販売ですので、飲み逃しのないようお早めにお買い求めください。

 

ご注文はこちらから

 

 

CG_news

 

堀口珈琲では今年もクリスマスギフトをご用意しました。今回はクリスマスの日にちなんでブレンドの「♯2」と「♯5」を各100g、そして例年大好評をいただいているハッピーホリデーブレンド200gの計3種類を詰めた特別なギフト。

25日にかけただけでなく香味もそれぞれ異なるキャラクターがあり、ハッピーホリデーブレンドにはショートケーキのようなホイップクリーム系が、「♯2」はフルーツケーキの軽めの甘さが、「♯5」はチョコレートケーキのようなしっかりとしたコクのある甘みとの相性が良いコーヒーです。箱を開けて目で見て楽しんだ後、ケーキとのマリアージュでも楽しめる素敵なギフトとなっています。

この冬、大切な方にクリスマス限定のコーヒーギフトをプレゼントされてみてはいかがでしょうか。きっと喜んでいただけますよ。限定50セットですのでお早めに。

 

ご注文はこちらから

 

 

E-T_news

 

東ティモールからニュークロップが届きました。「カフェ・タタマイラウ」とは日本のNGOであるPWJ(ピース・ウインズ・ジャパン)が、東ティモール支援活動の一環でフェアトレードとして開発・援助したコーヒーを栽培する生産グループの名称です。

堀口が現地で栽培・精製においての指導を始めてから10年余りが経ちました。今年は新たな試みとして、例年よりさらに細かくロット分けされ、集落別で精製・管理が行われました。ロットを分けたことによりさらに品質の向上が図られました。今回堀口珈琲では3集落で収穫したコーヒーを販売します。

第一弾はレテフォホ郡のドゥクライ村レブドゥ レテン集落で収穫されたロット。ここは東向きの急峻な地形にコーヒーノキが植えられているようです。香味は非常にクリーンでフローラルな印象。レモンのようなすっきりとした酸も感じられ、高いカップクオリティを持つ素晴らしいコーヒーです。

東ティモールは長く続いた内戦の影響により産地も荒れ果てていましたが、都市部では徐々にインフラも整備され、発展を続けています。生産者の意識や技術も年々向上し、今回からはよりトレーサビリティも明確になりました。今後もサポートを続けていくことで更なる素晴らしいカップに出会えるのではと期待を抱かせてくれる魅力溢れる産地です。ぜひこの機会にお試しください。

 

ご注文はこちらから

 

 

cos_news

 

コスタリカのタラスにある小規模農園サン・ギジェルモ。9月に販売した「コスタリカコーヒー堪能セット」ではウォッシュト精製を販売しましたが、今回は伝統的な精製で作られたフリーウォッシュト精製のコーヒーを販売します。

現在、コスタリカではミューシレージを機械で取り除く精製や、逆にミューシレージを残したまま乾燥するパルプトナチュラル(ハニーコーヒー)が主流のため、伝統的な精製方法であるフリーウォッシュトはあまり行われておりません。今回、農園主のエステバン・サンチェス氏によって堀口珈琲のためだけに特別に作ってもらいました。

丁寧に処理されたため、その味わいは非常にクリーン。しかしながら濃縮感のあるコクやマイルドな口当たりはしっかりと感じ、香味のバランスに優れたとても飲みやすいコーヒーです。

サンチェス氏の義父はコスタリカを代表するマイクロミルである「ラ・カンデリージャ」を所有しています。その精製工程を一手に引き受ける氏によって作られた高品質なコーヒーをぜひお楽しみください。

 

ご注文はこちらから

 

 

久々の登場となるロースターズブレンド!本気でお勧めします!

2013年10月31日 by tanakadai

roasters_news

 

ロースト業務を行っている狛江店には、堀口珈琲の基準をクリアする高いカップクオリティを備えたコーヒー生豆が世界中から届きます。これら生豆が持つ個性をいかに最大限引き出し表現するか、ロースト担当の悩むところでもあり、腕の見せ所でもあります。刻々と変化する生豆の状態や気候・湿度に合わせて微調整を繰り返し、常に現状より良いローストを目指して真剣勝負を重ねる日々が、狛江店の日常風景です。現在も各産地から素晴らしいコーヒーが届き充実したラインナップとなっていますが、狛江店ロースト担当者がこれらコーヒーが持つ素晴らしい香味特性を融合し、今飲める最高の一杯を目指し創ったのがこの「ROASTERS’ BLEND」です。

 

タイトルはずばり「RICHNESS&FINESSE(リッチネス&フィネス)」。RICHNESSはこのブレンドの味わいや触感の豊かさから付けました。FINESSEはワイン用語で繊細、優雅といった意味合い。偉大なワインにのみ使われる最上級の褒め言葉です。今回、「ROASTERS’ BLEND」のためだけに「カフェ・コトワ ドンK プレミアムリザーブ」をフレンチローストにして使用しています。ドンK プレミアムリザーブを軸とすることでブレンドの最大の特徴といえる円熟味のある濃密なコク、ビターチョコレートのような滑らかな触感と甘みを作り出しています。既存のブレンドとはまた違った個性のある香味を備えているスペシャルブレンドを存分にお楽しみください。

 

ご注文はこちらから

 

 

col_fd_news

 

4月にコロンビア中南部ウイラで作られた2生産者のコーヒーを販売し、好評をいただきましたが、今回はその“第二弾”を販売します。フレディ・ディアス・インバチ氏はウイラ県ピタリト市で農園を営んでいる生産者です。3ヘクタールの小さな農地ですが、家族で丁寧にコーヒーを栽培、管理しています。ウェットミルは一般的なコロンビアの小農家と同じく自前で所有していますが、ドライミル工程からはコロンビア中南部を中心に活動している新進気鋭のエクスポーター、Virmax社にて行っています。Virmax社は、ウイラ・トリマ・カウカ県の16地区に倉庫と品質管理室を設置し、各所にカッパーを配置。買い集めたパーチメントの状態を確認し、品質別に管理することを徹底しています。

 

インバチ氏が作り上げたコーヒーは厚みのある複雑なボディにオレンジを思わせる果実味豊かな酸が感じられます。そして口に含んだときの触感はコロンビアコーヒーらしくとても滑らか。同時に販売している「ホセ・アルバロ・アセベド」とぜひ飲み比べしてみてください。狭いエリアながらまったく異なる香味がコロンビアの懐の深さを物語っています。

 

ご注文はこちらから

 

 

col_asb_news

 

同じくウイラにあるホセ・アルバロ・アセベド氏の農園は8ヘクタールと、多くのコロンビアの小農家より広い栽培面積を誇り、13000本ものコーヒーノキを生育しています。ドライミル工程からは 「フレディ・ディアス・インバチ」と同様、Virmax社にて行っています。
ウイラはコロンビアのアンデス山脈を縦断するマグダレナ川の源流があるマグダレナ湖に隣接し、豊かな生物多様性や自然資源を備えていて、コーヒーの生育に大きな影響を与えています。そのためキャラクターをはっきりと感じることができる素晴らしい香味を持ったコーヒーが多く生産されていることで注目されています。

 

アセベド氏のコーヒーは明るい酸があり、丸みを帯びたソフトな口当たりが特徴的。軽快で心地よい余韻が長く続きます。同時に販売している「フレディ・ディアス・インバチ」とともにクリーンですが比べるとより際立っています。ぜひウイラで生産されたマイクロロットの
コーヒーを飲み比べしてみてください。狭いエリアながらまったく異なる香味がコロンビアの懐の深さを物語っています。

 

ご注文はこちらから

 

 

dom_pepe_news

 

カリブ海に浮かぶドミニカ共和国。観光立国としてのイメージが強い国ですが、質の高いコーヒーを作り出す優良産地です。ドミニカ共和国のほぼ中央に位置するラ・ベガ県ハラバコア市に今回販売するペペ農園はあります。堀口珈琲で4年目の取り扱いとなるペペ農園は他のカリブ海で栽培されているコーヒーと一線を画す特殊な香味のコーヒーを作る農園として注目してきました。一般的なカトゥーラの印象とは違い、華やかさが際立つ香味は非常に個性があり魅力的なコーヒーといえます。

 

甘みのなかに感じる優しい酸はまるでチェリーのよう。また明るく瑞々しさのある香味はオレンジを思わせたりとペペ農園のコーヒーからは果実感を多分に感じ取ることができます。フルーティなコーヒーが好きな方には間違いなく気に入っていただけるはず。

 

ジャマイカやキューバなどカリブ海地域は昔から良いコーヒーを産み出すエリアで、しかも狭い地域のなかでもしっかりと産地毎の個性がある素晴らしい地域でした。度重なるハリケーンの影響などからすっかり衰退してしまいましたが、このペペ農園は素晴らしいコーヒーを産み出しています。ぜひこの機会にご賞味ください。

 

ご注文はこちらから

 

 

ページトップへ