最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

岐阜

2012年10月31日

ローストトレーニングをし岐阜から帰る。

喫茶店モーニングなどが盛んで
コーヒーの消費が名古屋より多い地域ですね。
20121030_121108.jpg 20121029_124345.jpg
岐阜駅前は再開発され、高層マンションなども建ちかなり変わりました。
織田信長の黄金像が駅前に鎮座。
20121030_083137.jpg 
半熱風、5k焙煎機
フレンチローストで香味をチェック、いいバランスで仕上がった。
ブラジル   ミルクチョコレートのような香味
ケニア    濃厚、ダークチェリーのような香味
グァテマラ  クリーンでバランスが良い
コロンビア  クリーンですっきりした香味
マンデリン  リントン地区の在来種の香味 

韓国・ソウルセミナー

2012年10月27日

11月4日から 第5回目のセミナーを迎えます。
今回はコロンビアを予定。
多様なコロンビアの香味をカッピングする予定です。

次回12月が6回目の最終となり、ひとまず韓国セミナーは終了し、
来年の春に再開する予定でいます。

スープ

2012年10月11日

20121008_212947.jpg 20121009_134721.jpg

左は乾燥したタラを煮込んだスープでメニューはこの一品しかない。
右はカルビタンで骨付きの牛肉が柔らかく煮込まれている。
昼食の価格は庶民的、スタバのコーヒーと同じような価格なのでコーヒーは高いですね。
大企業のオフィス街の女性社員がコーヒーをテイクアウトしているのをよく見かけます。
ただし、ほとんどの韓国人はインスタント(コーヒー、砂糖、ミルクいり)でスティック状のもの
をのんでいるようです。1日に1億本以上売れるようで、人口の3倍くらい消費することになりますので、一人当たり3杯は飲む計算です。
コーヒーブームとはいえ、まだまだインスタントコーヒー文化です。
大手の東西食品などが独占的なシェアを持っています。
スーパーにはインスタント500~800本入りくらいのボックスが売られています。
コーヒーブームは今ピークのように感じますが、まだまだレギュラーコーヒーの
家庭用マーケットは小さいと感じます。

プラザホテル

2012年10月11日

森羅ホテルと並ぶソウルの代表的ホテルであるプラザホテルからの写真。

プレス関係者の定宿。
最近リニューアルされ、全体及び客室はデザインホテルの印象でかなり斬新。
20121009_072726.jpg
左奥 山のふもとは青瓦台(韓国大統領官邸)

東ティモール圧勝

2012年10月11日

東ティモールはダントツで素晴らしい香味。
12-13クロップの東ティモールは、ティピカのクリーンさ、繊細な柑橘の酸、ほどほどのコクと
そのバランスでいい出来でした。

東ティモールにかかわり10年近くたち、やっといいコヒーができました。
山田君が2年連続して訪問したことが無駄になっていませんね。
20121009_105827.jpg

カッピング結果、SCAA80点を超えた豆は東ティモールとPNG。
 
台湾:比較的クリーンでいいカップ、スペシャルティに入るか否かの境界線の香味
中国:たぶんカチモール、雑味が気になる
ネパール:このくらいが現状のネパールの限界か
ラオス:濁る、やや生の鮮度も落ちている
ミャンマー:カップにムラが出る、微妙な果肉臭も
ベトナム:アラビカではあるがロブのような濁り感が強く出ている
PNG:ブルボン系の華やかな香味があり、PNGらしくない香味

全体的に栽培から、精製の見直し、保管や輸送の見直しなどチェックすべきところは多くありそうです。
アジアの生産国でスペシャルティコーヒーを生み出すのはまだまだ大変です。

テジョン(太田)

2012年10月11日

ソウル、プサン、テグ、インチョンに次ぐ韓国5番目の都市(?)

人口130万くらいか(?)
テジョンまではソウル駅からKTX(新幹線)で1時間。
改札がないのも特徴。日本的感覚からいうと不思議です。
KTXはフランスの会社が落札し作ったと記憶しています。
1等車は横3列で、日本の新幹線のグリーン横4列より座席が少ない作りです。
テジョンまでの時間は、ソウル市内の渋滞を考えれば早いと思います。
ソウルは日本より道路は広く、4~5車線ありますが出退勤時は恐ろしく渋滞します。
20121009_143029.jpg 20121009_160642.jpg
ソウル駅                 テジョンの会社
20121009_160815.jpg 20121009_181451.jpg
テジョン                 練習

テジョンは、以前万博が開催され、韓国政府が発展に力を入れた都市です。
特にこの地区は海外で研究していた学者を呼び戻した人が多く住み、研究機関が多い
特別な地域のようです。
ドクターが多く、カフェとコーヒーの安らぎとコミュニティが必要とデザイン会社を経営している
パクさんが新築事務所の1階に開店予定です。
堀口珈琲を使用するお店となります。

現代百貨店

2012年10月11日

ソウルの高級百貨店。

お金と奥様のたまり場でしょうか?
飲食店は平日でも新宿伊勢丹なみの混雑でした。
ここの地下2階の会場で、出版社の主催で3月に引き続き講演。
その後サイン会。ほとんど女性でした。
脳の専門家の茂木先生にならい(9月の朝日カルチャーセンターでのサービス精神を見習い)丁寧にお相手しました。一緒に一人ずつ記念撮影などをして。
20121010_112336.jpg 20121010_100325.jpg
出版社の編集者とマーケティング担当と記念撮影。
講演後女性誌の取材を受ける。
記事は3月の中央日報の記事。
韓国コーヒーブームもピークを越えた感ありで、これから落ち着いて行くのでしょう。
11月もコンベンションでの講演を依頼されています。

ソウル・カッピングクラス

2012年10月7日

シリーズ第4回の10月8~9日はアジアをテーマにカッピング

1.インドネシアのスマトラ島のリントン、アチェ地区、スラウエシ島、バリ島などのコーヒー
2.東ティモール、中国、台湾、ラオス、ベトナム、ミャンマー、PNGなどのコーヒー
3.その他ゲイシャなど
スマトラの一般的G-1(グレードワン)とリントンの高級品との香味の違い
リントンとアチェ及びスラウエシの香味の違い
アジア圏のティピカの香味の違い
などを確認します。

10日は現代百貨店で100人限定の講演をします。
サンプルローストはいつものように 上原店山田君に依頼しました。
ソウルは日本より涼しいようです。
日本人的感覚でいえば参鶏湯がおいしい季節ということになるでしょう。

明日の8:30の飛行機ですので早朝出ます。

名古屋

2012年10月6日

さきほど名古屋から帰りました。
焙煎機の設置状況は問題なし。

20121004_134223.jpg 20121004_163157.jpg

セミナー関連

2012年10月4日

6.7日のテースティング会は、ニカラグア、パナマ、エルサルバドルなどを中心に行います。

8.9日の韓国ソウル出のセミナーはアジアのコーヒーのカッピングを行います。
10日は現代百貨店で出版記念関連の「講演」を行います。
韓国版は6刷りで1万部を超えたようです。
ページトップへ