最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

肉食女子とステーキ

2018年2月1日

世の中、痩せたいといいながらも肉すきの女子は多いですね。
表面的に遠慮しても、本音は食べたいのですから、彼女を肉屋に連れていきましょう。
ですから、「いきなりステーキ」のような店が伸びているのだと思います。

 

 
これまで、日本のステーキは、和牛の鉄板焼きが多く、脂っぽく高いものでした。
したがって、神戸牛などの高級店は、年齢層の高い顧客になりますので、サーロインよりもヒレを注文する人の方が圧倒的に多い傾向にあります。

 

しかし、和牛でなくとも、輸入肉で脂身の少ない肉をグリルにすればそれなりにおいしくいただけます。イタリアンや価格を抑えたステーキ店ではグリルが基本になっています。
それが、脂身も少なく、女性に歓迎されるところでしょう。

 

 

「いきなりステーキ」は、原価率が50~60%でも「立ち食いで回転が早い」のでうまくいっているのでしょうが、「ケネディ」が倒産したことを見ると、出店場所や運営のしかたもよいのでしょう。ただ、立ってものを食べないということが基本でしたのでまだ行ってはいません。

1517393129570 1517393126152

 

20180131_133857

手打ちのパスタとアンガス牛200g。
デザート、コーヒーがついてランチで3.800ですので、安いですが、ディナーではワイン代の方が高くなるという落とし穴もあります。
最近のイタリアンは、タリアータやTボーンに向かう店が目立ちます。
女性に支持されているのでしょう。
フランスのビストロ系の店が、最近はやや肉系イタリアンに押され気味です。

 

 

 

イチゴ(Strawberry)と LEXICON

2018年2月1日

話しが横にずれ、イチゴの話に戻さねばなりません。
要は、多くの種類のいちごを食べてきた結果、現在「とちおとめ」がイチゴのテースティングの基準となる味として重要ということがいいたいわけです。

 

 

 

イチゴは、もはや温室での通年栽培ができる果物です。
しかし、5月以降はさくらんぼが出回り、次にメロン、スイカ、ブドウと続き、さらにみかん、リンゴもあります。
イチゴは12月のクリスますシーズン近くまでは需要が減ります。

 

 

 

日本は、果樹大国でありこの季節感というものを大切にし、果実を楽しんでいますので、私のようないちごマニアでも、秋にはブドウマニアに代わります。
そのような状況下でブランディングし、品種にこだわらず、宮城の復興と農家参入を促したのが「ミガキイチゴ」です。
このあたりについては後日書く機会があれば書きます。

 

 

 

日本の果実は、糖度優先になり、イチゴやブドウが甘味にシフトするだけでよいのか?という問題を感じています。
しかし、築地でも糖度計で味の価値を判断しているような時代ですのでやむを得ないのかもしれません。
味のバランスをきやちんと理解できるバイヤーや消費者も重要だと思います。

 

 

 

「とちおとめ」には著名な生産者が多く、以前活動日記に書いた記憶があります。
簡単に買えるものとしては、スーパー「OX」でたまに売られますが、高野さんの「とちおとめ」があります。
上位等級のものは、高級果実店に行きますが、良品はスーパーにも流れてきますので、あれば必ず購入します。おそらくバイヤーがイチゴ好きなのだと推測します。
昔、喫茶のケーキ用として使用していましたが、供給不足で断念しました。
遭遇したら購入してみてください。

 

 

 

WCRのSENSORY LEXICONにおけるStrawberryの香味は、sweet ,slightly sour ,floral, frequently winey と評価されています。
アメリカの冷凍のdole whole strawberriesの味を参考にしています。

 
しかし、私は、コーヒーの中にストロベリーを感じることができるのは、多くの場合ナチュラルの優れたエチオピアやイエメンくらいしかないと理解していますので、官能的に感知できる事例は極めて少ないと思います。
したがって、香味について世界的なコンセンサスができるには時間がかかるでしょう。
しかし、これだけのレキシコン(語彙)を作成する労力は大変なものと推測し敬意を払いたいとも思います。
 

付け加えるならば、ボジョレーヌーボーがストロベリーの香味であることは、コーヒーよりはるかに簡単に感知できます。
追加するならば、アメリカのイチゴより日本のイチゴの方がはるかに香り高く、スイート、シュガーで、特にハニーで、おいしいといえます。
反面、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーは、国産はほとんどありませんので
これらのベリーの香味については、欧米人にかないません。

ページトップへ