最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

夏と秋の境目

2018年8月18日

焙煎豆と違い完全に空気を遮断できる包材でなければ冷凍庫はNGです。東京は2日前から急に湿度が下がり、夜は過ごしやすくなりました。
これまで70%前後の湿度でしたが、今日は40%くらいで、日差しは強いもののさわやかです。

 

コーヒーも気温や湿度の影響を受けますので、保管方法は重要です。
私は、長くとも2週間くらいで消費しますので、瓶に入れ常温です。
それ以上保管するものは冷凍庫に入れます。
冷凍の場合は、瓶は冷たくなりますので、保存用のパックなどで十分です。-40度くらいまでは耐用性がありますので家庭用の冷凍庫(-20 程度)は全く問題ありません。

 

 

 
生豆の保管の場合は、RH of airは、水分値との兼ね合いもありますが55~65%程度がよいとされます。生豆は、水分値が、10~12%程度ありますので、焙煎豆と違い完全に空気を遮断できる包材でなければ冷凍庫はNGです。

 

研究室には、-30 と-80℃の冷凍庫がありますが、、焙煎豆試料は-30 ℃の冷凍庫にアルミの包材に入れで保管することが多いです。
生豆は、焙煎豆と違い完全に空気を遮断できる包材でなければ冷凍庫はNGです。

 

 

 

生豆の場合は,RH of airは、一般的には55~65%程度がよいとされます。
湿度が高くなると呼吸活動が増加します。
水分値が14.5%を超えると熱やCO2を放出し、15.5%を超えると害虫のふ化リスクが生じ、16.5%を超えるとカビの発生が懸念されます。
逆に乾燥して、水分値が8%程度になってしまうと、白っぽく変色し風味が大幅に減少します。
コーヒーの原材料というべき生豆は、水分値の管理が重要となります。

 

 

堀口珈琲の生豆はすべて、定温倉庫で(平均14~16℃程度、湿度55~65%程度)で保管されていますのでご安心ください。
また、焙煎豆は、日数のたったものは販売していませんので、併せてご安心ください。

 

 

 

 

話が横にずれました。

20180818_132421 - コピー 20180818_133314 - コピー

昼飯に、寿司屋で食べた東京湾の「めごち」と瀬戸内の「はも」の天ぷらは夏の食材です。対して根室のサンマは秋の食材ですね。
ちょうど、季節の変わりめですね。
湿度がそれを教えてくれます。

 

 

 

 

 

ページトップへ