最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カリフォルニアのコーヒーを飲む

2019年4月1日

北緯34度ですのでワインの産地になり、一般的にいえばコーヒーは栽培できません。しかし、収穫されていますので、生育条件がよいのでしょう。


北緯34度32分がパワーポイントという人もいます。
兵庫県淡路市の伊弉諾(いざなぎ)神宮にある「陽のみちしるべ」の石碑が、太陽の通る道(レイライン)を示し、日本の神社などが多く、世界的にも世界遺産などが多いともいわれているようです。(レイライン(Ley-Line:光の線)は、イギリスの考古学者が太古の遺跡配置が直線に並ぶ様を発見したことからつけられた。)学術的には認められてはいないでしょうが、、、、、。



いま一番行きたい場所であるエルサレムは31.77°Nで近いですが、スペインにある巡礼地サンチャゴ・デ・コンポステーラ協会は42.87°Nですので少しずれます。

以前、神棚女子というコラムを書いたことがあります。
最近は神社に行く女子が増え、無印良品で簡易神棚を買って置く人が増えている?というのがテーマでした。
銀座シックスの蔦屋にも日本書記の種類は多くみられます。

伊勢神宮と自分の住んでいる氏神様(神社庁に電話をするとすぐに教えてくれます)と自分の好きな神社のお神札をおまつりします。
ちなみに、最近混雑している熱海の来宮神社は35.00°Nです。
お休み処で堀口珈琲が飲めます。


話がそれ過ぎました。

味見したカリフォルニアの焙煎度は、ミディアムのやや深めでハイローストの手前です。

第一印象は、ブルボン、カトゥーラともに穏やかな風味です。
風味は、クリーミーな感じがブラジルやミャンマー、ラオス、沖縄などのアジア圏のアラビカ種のニュアンスに近く、テクスチャーにやや濁りを感じます。
このコーヒーのチェックポイントは後味で見るのがよいでしょう。
このサンプルではカトゥーラの方がブルボンよりきれいなテクスチャーですが、共に後味にかすかにざらつきを感じます。
風味のクリーミーさは、一部のブラジルの良質のコーヒーに近いといえますが、ブラジルより酸が強く、コクは弱めというところでしょうか。
そんな印象のコーヒーでした。


収穫が5~9月で、2月に空輸で入港していますので、若干生豆の状態が落ちているのかもしれません。おそらく標高は低いと思いますし、雨量も少ないでしょうから収穫できること自体が不思議です。
それでも酸がありますので、産地としての可能性は高いかもしれません。
程よい気温で、日照時間が長く、土壌などがよいのかもしれません。

現時点では、レアなコーヒーというところで、風味が特別突出しているとはいえないでしょう。しかし、コーヒーが熱帯作物という概念が覆ります。
ちょっと衝撃です。量産できるのかな、、、、、?

食育とコーヒー育

2019年4月1日

入学、入社おめでとうございます。
農大は明日入学式で、社会人枠の大学院生も出席します。
学部を卒業した方は、今日入社式ですね。
元号で入社式のニュースは飛びましたね。(堀口珈琲は新卒はいませんが)


大学の研究室の教授は小学校で食育の授業も行っています。
最近の食品業界の問題点は、大人になっても味がわからない人が増えているということです。そのため、高品質とかプレミアムの商品開発が滞るという事例も多々見られます。逆に、PB商品が増える傾向がみられます。

したがって、こどものころからの食育は食品業界などには極めて重要になりつつありますが、気にしていない会社もあります。
おだしの薄味を理解できないと、濃い味の本質も見えなくなります。
もちろん大人になってから、味覚は変化しますが、食に関心を持たない人が増えているとも感じます。
コーヒー業界にいても食に関心がないと、コーヒーの風味を理解する味覚や感性がはぐくまれないでしょう。


大学に在籍していた時に感じたのですが、大学生はレギュラーコーヒーを飲んでいませんね。1996年以降スターバックスは、コーヒーのすそ野を広げてくれましたが、最近の学生はカフェラテさえ飲まず、フラペチーノなどのメニューが主流です。もはや、スターバックスのマークからコーヒーの文字が消えたのも知らない人も多くなったでしょうね。

会社に入ると、オフィスコーヒーなどもあり、コーヒーの接する機会が増すと思います。今は、コンビニやファーストフードもコーヒーを売りにする時代ですので、レギュラーコーヒー(缶コーヒーなどの工業製品及びインスタントコーヒー以外の業務用・家庭用コーヒー)は、に接する機会は多くあります。
スペシャルティコーヒーなど、品質や風味は多様になっていますが、その中で差異が大きいことを少しずつ理解してほしいと思います。


現況を鑑みると、まずは、若い人達が、コーヒーに関心をもてるような場が必要で「コーヒー育」が必要というように感じます。
コーヒー育は、初めて使う言葉です、気に障ったらごめんなさい。

ページトップへ