ブランドサイトTOP >  パパ日記  > 日記 > ねむい、だるい

最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ねむい、だるい

2019年7月8日

セミナー申込ウェブサイトのURLは次のとおりです。
http://coffee-seminar.com/


5月ころからか微妙に体調に変化がみられ、6月以降にそれが顕在化したのでしょうか?初めての経験をいろいろしました。

おかげさまというのか?耳鼻咽喉科、眼科、内科、脳神経科、心臓専門科といろいろ行きつけの医院が増え、人間ドックは必要なくなりました。



先日は、発作性頭位めまいに襲われ、朝起きたら天井がぐるぐる回り、立つとくらくら、異常な吐き気がしました。ただし、20~30秒位でおさまり、再び立とうとするとめまいが生じます。
耳鼻科で「耳石」がはがれたためと説明を受け、赤外線カメラで目の動きをチェック。
半規管内の耳石を元の位置に戻すために頭を動かすなどの処置をしつつ、3~4日ぐらいで自然治癒しました。
一応、脳神経外科でMRI撮影もしてもらいましたが異常なしでした。



その時「発作性心房細動」も併発し、専門医に行きました。

心房で起こる不整脈(心臓の拍動リズムが不規則になる状態)で、痙攣するような細かな振動が起きます。心房内から血液がうまく送り出されなくなり、血栓(血液のかたまり)ができやすくなります。この血栓が血流にのって脳にまで運ばれ、脳の血管を塞ぎ脳梗塞になります。

一般的に不整脈は多くみられる事例ですが、心房細動の場合は脳梗塞リスクが大きいため、血液がさらさらになる薬「クリシアナ」などを常用することになります。脳梗塞の主要原因が心房細動といわれますので、たまたま見つかってよかったとも言われます。

テニスをしていますが特に問題はなく、原因の特定は難しいということになります。現状では特に問題はなさそうですが、OMRONの小型心電図計で毎日心電図を測っています。


さらに、追い打ちをかけるように、朝起きたら、右目に「めやに」を発見。木曜は医者が休みなので金曜の朝早く行きつけの目医者に。細菌性によるものとのことで目薬2種をもらい、1日4回点眼(他人にはうつらない)。症状は2~3日で収まりましたが、「めまい」といい初めての体験でした。

白内障(水晶体が白いく濁るため、ばやける)もあり、眼鏡では補正できなくなりつつありますので、いずれ手術ということにはなると思います。最近では簡単な手術といわれます。目がよく見えるようになり、世界が変わるといわれますので、早いとこやった方がいいかなと思案中?



のどに変調を感じていた先週火曜に6時間の実習を行い、話過ぎでのどが痛くなり、セキが出るようになりました。
微熱も出たりして不安定な健康状態の1週間でした。
「トラネキサム酸」「解熱剤」「葛根湯」および「抗生物質」を処方してもらい、さらに「咳止め」を追加し、効きそうな薬を飲んでいます。自分に合うあわないもありますので、一番合いそうな薬を見つけるのが大切です。

「咳喘息」とでもいえばよいのでしょうか?このような咳をするのも初めての体験でした。今朝は、のどの痛み、セキは半減しましたので、回復に向かいつつあると思います。

のどが痛くなる経験はほぼなく、龍角散や仁丹のど飴は使用したことがありませんでしたが、効果があると感じた次第です。

というわけで、初めてづくしの病気ばかりでした。


大学院時代の3年間は、未知の領域で、先が見えずメンタル面で厳しい状態が続きましたが、フィジカルはまだ何とか保てていました。
3月に何とか卒業はしましたが、博士課程におけるストレスダメージは予想外に大きかったのかもしれません。それらが、フィジカルに変調を及ぼしたのではないかとも考えます。

そろそろ、「スランプ脱却」「完全復活」と行きたいところです。

しかし、薬の副作用でしょうか?今日は、「眠い」「だるい」状態です。


今回、錦織君は、無難に3回勝ち進みましたが、トップテン選手はこのくらいの勝ち方をしないと、ベスト8まで残れません。
今日4回戦はククシュキンです。意外にテクニシャンの曲者ですが、組みしやすい相手で錦織君が勝つと思います。



5回戦はフェデラーですので、ここを突破してベスト4まで行ってほしいところです。準決勝はナダルで決勝はジョコビッジが予測されますので、ビック3に勝たないと優勝はできません。

3人撃破で伝説になるチャンスですが、たぶんフィジカル、メンタルが持たないでしょうね。

ページトップへ