ブランドサイトTOP >  パパ日記  > 日記 > イチゴビュッフェブーム

最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

イチゴビュッフェブーム

2018年1月10日

イチゴがブームです。
ホテルのケーキビュッフェで最も予約の取れないのは、ヒルトン(新宿、台場)の「ストロベリービュッフェ」で、もはや最終の3月まで満席です。

 

 

 

これをまねて各ホテルもいちごのビュッフェを初めていますが、最強のヒルトンには勝てないようです。
対抗は、ウエスティンですが、すでにこちらも予約は不可能な状態です。
さあ、ここまで来ると食べたいですよね。
種類と質と価格を気にしなければ、いくつかのホテルで食べることはできます。
基本的には、ホテルのビュッフェケーキは今一つの味ですが、種類が多ければ集客パワーになるということですね。しかし、4.000~5.000円のもとをとるにはかなり食べる必要があるかもしれません。

 

 

 

アフタヌーンティーのブームもすごかったですが、それに代わる勢いです。
こちらはブームもさりつつあり、いまどき予約の取れないのはフォーシーズンズホテルくらいでしょうか?

 

 

 

どちらにせよ、日本屈指のフランス菓子店で、7~8種のケーキを買うことができますので、何を選択するかは、楽しみ方の差となるでしょう。

 

 

 

パフェもブームですね。
私は、パフェ好きですので、堀口珈琲にはかなり昔からパフェがあります。
最近はエスプレッソシーンにおけるシグネチャーと同じでアレンジしすぎて独りよがりのものも多く見られます。単純においしいものはフルーツとジュレ(もしくはソース)と生クリームとアイスクリームのバランスでしょうね。
そこからまた一ひねりくらいで止めた方が飽きは来ないものができるでしょう。

 

 

 

ソフトクリームも濃厚なものにシフトしていますので、乳脂肪分のたかい「クレミア」が増加しています。
甘味喫茶で、クリームあん蜜にソフトクリームも載せてという私のようなソフトクリーム好きにはたまらないですね。

 

 

 

さてさて、いまだに、男子禁制(女性同伴なら可能)の高野のフルーツビュッフェにはいけていません。
最近は開店前から並んでいるようですので、そこまでしていくのはちょっと……。ですね。
 

これらを支えているのはやはりインスタでしょうか?

さて話は基に戻り「イチゴ」ですが、活動日記で「イチゴのテースティング」で検索してください。
毎日イチゴを食べていた時期です。

ページトップへ