ブランドサイトTOP >  パパ日記  > 日記 > 春は桜と鮨

最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

春は桜と鮨

2018年4月2日

桜の開花時は昭和と比べ1週間は早くなり、4月の入学式の時期ではなく
3月の卒業式の時期になりつつあります。
今日は、入学式、入社式が多いでしょう。
20180326_095000 20180325_143904

 

20180325_151440 20180325_143728

 

桜の季節を迎えるとともに、寿司もおいしくなります。
特に貝はシーズンですね。
(関係ないですがボンゴレビアンコ=アサリのスパゲティもおいしい季節です)
20180401_124809
ミル貝、トリ貝、青柳、
さくら鯛(桜の咲くころの真鯛)の昆布しめ、しゃこ、煮たこ(春はイイ蛸)
ハマグリはいつでも食べることができるのでカットしました。
そこいらの街場の寿司屋で、安い価格で、旬の味がするネタを出せるのは立派です。
江戸前の心意気を感じます。

 

 

 

カツオも、今はかなりサッパリした味でこれから北上しすこしづつ脂がのってきますが
淡泊なカツオの味も捨てがたいところです。
夏に向かうと白いかや小肌も出てきますので、
寿司は高級店でマグロやウニを食うものではなく季節を楽しむものといえます。

 

 

 

サクラエビ、白エビ、ホタルイカなどうまいものが多い季節です。
ニシンも今が旬ですが、子持ち魚卵系は痛風が怖いのでさけています。

ページトップへ