ブランドサイトTOP >  パパ日記  > 日記 > サンタテレサ パカマラとベルベット

最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

サンタテレサ パカマラとベルベット

2018年11月14日

パカマラは、ティピカの突然変異のマラゴジペとブルボンの突然変異のパカス種のハイブリッドです。エルサルバドルで開発されました。
したがって、風味の出方は多様です。

 

 

 

この品種を初めて飲んだのは2000年で、エルサスバドルのものでした。
シルキーで素晴らしいティピカのようで、すぐに購入しました。
おそらく堀口珈琲が日本に一番早くこの品種を入れたと思います。
まだ日本のコーヒー業界ではこの品種について知っている人は多くななかったでしょう。

その後グァテマラの「エルインフェルト」のパカマラがコンテストで優勝し、一躍有名になりました。このパカマラは、エルサルバドルのパカマラとは異なり、ブルボンに果実感を加えた華やかな味わいが強い豆で、それまでのグァテマラにはない風味でした。
その衝撃はあまりに大きく、その後のパカマラは、さまざまな産地で植えられ、今日に至っています。

 

「サンタテレサ」のパカマラ種を初めて飲みましたが、ブルボン系のやや濃厚な味が強く、ベルベットのような触感です。柑橘果実のティピカの酸があり、アフターテーストはティピカと同じです。
なかなか良い豆です。

現在主流の柑橘果実+赤い果実系の華やかさのパカマラとは異なり、しかりした奥行きのあるボディが特徴です。
エルサルバドルのティピカ系の風味の優れたパカマラともまた違い、濃縮感があります。標高が高いからでしょうか?
いやはや、素晴らしいコーヒーだと思います。

ページトップへ