パパ日記

テースティング11 語彙10 発酵臭4 fermentationの評価基準

https://reserva.be/coffeeseminar
セミナーサイト

 

Naturalの評価基準についてはfermentationの評価が重要になります。

10段階 score SCA score Fermentation
1-2

3-4

5-6

7-8

9-10

 

6≦

7≦

8≧

9≧

著しい発酵臭、腐敗臭、異臭、不快な風味

明らかな発酵臭、異臭

かすかな発酵臭、

好ましい発酵臭、微発酵

上品、繊細

まだ未完成ですが大まかな基準です。

現時点で、さまざまな発酵系の香りの化合物については、GC/MSでの分析は出来ていません。
いずれ行いたいとは思います。

香料物質は、それぞれ嗅覚閾値が異なるため, 物質濃度だけでは感覚量の大きさは分かりません。一般的には、香りは複数の化合物から構成されますので、最も大きな影響を与えている香りの化合物を特定することは極めて難しいといえます。

R.J.Clarke. Coccee .Vol.1  Chemistry

 

例えば、ブラジルコーヒーに、Linalool(シトラス、紅茶様)、Ethyl acetate(酢酸エチル)、Tetramethylpyrazine(甘い焦げ臭、ローストナッツ)、Pinene(樹脂様、マツ)その他さまざまな成分が同定されたとして、その成分の濃度と閾値の関係からみていかなければなりませんので、何が香りに影響しているかについて判断するのは難しいということです。