パパ日記

植物検疫

海外からオークションの生豆サンプルを調達する機会が多くなりました。
昨年は、日本での通関ができない輸送会社があり返送されることもありましたが、
今年はFedex、DHLなどで植物検疫をして通関できています。

但し、検疫料金が高くなる傾向で、1万円から2万円かかります。
少量のサンプル量ですと割に合わないことになります。