パパ日記

韓国版

「COFFEE Catalog&Diary」は順調に売れているようです。
書籍の販売サイトでは、食品部門で1位の様です。

韓国は相変わらずコーヒーブームでコーヒショップは
スタバが600、カフェべネが550、エンジェルが400など(正確な数字ではない)その他と
合計すると日本と同じくらいのチェーン店があるよう。
実際に出張するとコーヒーショップだらけで、新規開店はほぼコーヒー店です。
やっていけるのか不思議なところです。

また焙煎機の出荷台数が多いのも特徴です。
ただし、韓国のテファンの500g.1k焙煎機などが売れているよう。

小型焙煎機が1年で2000台売れたという情報もあリますが、
誇張されているかな?
とにかく熱しやすい国民性で東洋のラテンという人もいるくらい。
実際セミナーハウスで行った韓国のコーヒー関係者向けカッピングセミナーは異常に盛り上がりました。
日本の1970年代くらいのコーヒーブームの勢いがあるのでしょう。
繁華街のコーヒーショップは24時間営業していますし….。
Qグレーダーも200人を超えているようで、もはや日本より多いかもしれません。

3/29には出版記念イベントで韓国に出張しますので、新しい情報を収集します。

出版社や取材以外に プロ向けのきちんとしたカッピングセッション(テースティング会)も企画します。
こんな雪の日(東京は大雪です)参鶏湯が食べたいですね。