パパ日記

コロンビアの影と光-3

堀口珈琲のコロンビアは25年の歴の中で多くの変遷を経て、スタッフの努力と共に現在のウイラやナリーニョの小農家などの優れたコロンビアにたどり着いています。
品種は、カスティージョ、コロンビア、カトゥーラ、わずかのティピカなどですがその構成比率はわかりません。
従来のコロンビアの輸出規格は、スクリーンサイズの大きさをよしとしていましたが、スペシャルティコーヒーは生産プロセスにおける品質や香味で判断されます。
香味は、品種、産地の諸条件、標高などに影響を受けますが、生産者にも左右されるのはワインと同じです。30年近い歴史を経て、今のコロンビアコーヒーがあるということをご理解いただければ嬉しいです。

 

 

 

生産年  生産量   主な動き

  • 1976      8.668.000        コロンビアスプレモとエクセルソの時代
    1978     11.152.000        日本喫茶店全盛期
    1983                              コロンビア種がcenicafeにより開発
  • 1985    12.800.000        ブルーグリーンの生豆が多い、エイジングやダブル焙煎
  • 1990    14.083.000        堀口珈琲(以下H)開業 生豆の品質のブレを感じる
  • 1993    13.637.000         ニュークロップが敬遠されたが、Hは好んで使用した
  • 1995    13.697.000        日本の商社や輸出会社のプレミアム生豆の時代
  • 1997    10.703.000        フェノール問題
  • 2000   10.619.000         スペシャルティはナリーニョとアンティグア
  • 2002   11.614.000         ウリベ大統領がFARCと対決姿勢
  • 2003   11.568.000         H/単一農園「オズワルド」と取引開始
  • 2004   11.240.000         H/輸入にリーファーコンテナを使用
  • 2005   11.119.000         FNCはサンタンデール、カウカ、ウイラ、ナリーニョをブランド化へ
  • 2006   12.079.000         H/「タママウンテン」の開発へ
  • 2009    7.812.000         さび病で大減産      カスティージョに植え替え
  • 2010    8.923.000     H/スペシャルティの南部産生豆を積極的に購入
  • 2013   10.886.000        カスティージョによる生産量の回復
  • 2015   14.175.000        生産量が本格的に回復
  • 2016                            FARCと停戦合意 経済発展

 

コロンビアの生産量(1袋60kg換算)は、FAO、FNCなどを参照に堀口が作成(多少誤差あり)
FARC(コロンビア革命軍)
FNC(コロンビア生産者連合会)
CENICAFE(コーヒー専門研究施設)