パパ日記

チェリー

さくらんぼは今年は豊作のようで、実も大きいものが目立ちます。
東京では、佐藤錦が一般的でたまに紅秀峰が出ます。
山形から送られてきたのは大粒の「紅てまり」という珍しいものでした。
果肉が多く、硬質で、どっしりと食べごたえのある品種です。
日本にはさまざまなさくらんぼの品種がありますが、東京で売られるものは限られています。

20160706_184341

 

コーヒーの実もチェリーといいますが、種が大きく果肉は少なめです。
少しは甘みがありますが食用ではありません。
コーヒーの香味のうち、赤い果実系の中でチェリーという言葉を使用する場合はかなり厄介です。
日本のデリケートなさくらんぼから米国のブラックチェリーやレイニアなど、又コーヒーの果肉のニュアンスやかすかに発酵した果肉のニュアンスなど多様です。

 

 

ぶどうもデラウエアが出回り始めました。