ブランドサイトTOP >  パパ日記  > 日記 > 年末年始のコーヒー

最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

年末年始のコーヒー

2019年12月27日

2020年1月からのセミナーはこちらからとなります
https://reserva.be/coffeeseminar


正月用のおせちなどの商品を買う時期になりました。
コーヒーは購入しましたか?
在庫がないと悲惨な思いをしますのでご確認ください。


ゲイシャは、この時期生豆の鮮度が劣化している事例が多く見られます。
12月の初めにゲイシャ種10種をサンプリングしてテースティングした結果7種に若干の鮮度劣化が見られました。堀口珈琲のコスタリカのゲイシャはフレッシュそのものですのでお試しください。



ニューイヤーブレンドは、毎年恒例ですので、毎年風味をご確認ください。
私は先日、欠品した時に飲むために冷凍庫に入れておいた昨年のニューイヤーブレンドを飲みましたが、十分に飲用可能な状態でした。
早めの飲用をお勧めしますが、フリーザーの効力は偉大です。
30年前にコーヒーは冷凍庫で保管してくださいと言った時には、だれにも信じてもらえず、コーヒー業界から白い目で見られ、孤立したことを思い起こします。
大学の研究室では-30℃の冷凍庫で保管します。



エチオピアも、よいコーヒーですのでお試しください。今ハラーを飲みながら書いていますが、このようなエチオピアを安定して飲めるようになったのは、ここ数年のことですので感謝の気持ちをもって飲みます。しかし、新たに参入したコーヒー屋さんは、これが当たり前と思ってしまうのでしょうね。
コーヒーに対する愛着ははるかに私の方が大きいと思います。




マンデリンも必須ですね。
フレンチの王道です。昔からこのローストに耐えられるマンデリンこそ真のマンデリンであるとのゆるぎない思いが一貫しています。



今日は、原宿で髪を切り、餅、ステーキ用の肉を注文し、ワインを確認し、コーヒーも必要ですね。かまぼこと伊達巻を買いに行きます。
研究所の書類整理もして、掃除もします。



年末年始は、本の原稿を書きながら過ごす予定です。








ページトップへ