ブランドサイトTOP >  パパ日記  > 日記 > 毎日スパゲティでもOK

最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

毎日スパゲティでもOK

2018年2月22日

20180222_105621 20180222_105601
前菜とタコのラグー
コーヒー付きで1500円+消費税なので安いですね。

 

 
昼にスパゲティを食べたのに、夜もスパゲティを作って食べました。
材料がなかったので、新玉ねぎ1個をスライス(たっぷり)、大きめのシイタケ3個を8等分し、バターでいため塩コショウ。
牛乳を200cc程度か?適当にいれ、パルミジャーノを削って入れる。
100gのスパゲティを茹であえるだけ。(2人前)
どういう訳か?スーパーで買ったスパゲティがトルコ産でした。
これが意外にもちもちしてうまいので驚きでした。

 

 

 

ネットで5本5.000円のフランス産の発泡酒を試しに購入してみる。
シャンパン1本も買えない価格です。
シャルドネを使用したブラン・ド・ブランが多いのは、シャンパン地方ではないからでしょう。
こういうセット売りの「あまりに安い商品」がどのようなものか試しています。
フランスもチリやスペインに対抗するのに苦悩しているのか?という印象です。
日本とEUとのEPA(経済連携協定)が妥結し、今後関税が亡くなる可能性がありますので、そのあたりの影響もあるのでしょうか。
量産すれば、コストダウンにはなるでしょうが、それにしても安いですね。
味の評価は後日。

 

 

 

 

チリ、スペイン、イタリアの安いワインや発泡酒は、価格が安く、最近はレストランの飲み放題に使用されています。逆に言うと、このような安いワインの出現が、飲み放題を増やしているとも考えられます。しかし、ほとんどはコクが弱く、おいしいとは思えませんが、中にはよいものがあるかもしれません。

 

 
そのよいと判断する基準を、自分で持っているほうがいいですね。
その基準は、よいものを飲んでいく体験の中からしか掴み取ることはできません。

 

 

 

味の楽しみは、より良いものを求めていく探求心にあり、ワインのソムリエやコーヒーのプロは
その案内役である必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ