ブランドサイトTOP >  パパ日記  > 日記 > コーヒーとチョコレート

最近のブログ記事

アーカイブ

パパ日記の検索

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

コーヒーとチョコレート

2017年7月31日

コーヒーとカカオは共に熱帯食物で共通校は多くあり、そのマリアージュは高いものがあります。
そんなわけで、取材を受けました。
その内どこかで見かけましたら、チョコレートとコーヒーのマッティングをお楽しみください。

 

 

 

コーヒーは世界中で愛飲されている飲み物であり、個人的には最も嗜好性が高い飲料と考えます。
その主な理由は、
1.ミディアムローストでpH7~5.2の弱酸性であり豊かな酸味を感知でき、さらに焙煎度合いによる風味の多様性がある。2.他の嗜好飲料にはない脂質が15%前後あり、心地よいテクスチャーがある。
3.生豆に1%程度のカフェンが含まれ、焙煎、抽出後も嗜好性に関与している。
4.その他生豆に含まれる糖質、アミノ酸が、焙煎によるメイラード反応により複雑な香味を生み出している。

 

 

 

酸と脂質のバランス及び焙煎の加減による風味の多様性は、他の嗜好飲料に比べ習慣性を強くしていると考えます。
コーヒーは、朝、昼、晩と1日の生活パターンの中で飲用され、また家庭カフェなど様々な場所でも楽しむことができます。
さらには、ストレート以外に+砂糖+ミルク+その他酒、スパイスなどさまざまなものとの相性も良く、味のバリエーションが多岐にわたります。そのため、コーヒーには多様な楽しみ、奥深さがあり、特別な嗜好品と考えます。

 

 

 

 

ページトップへ