最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

リキッドアイスコーヒー 3種の味わいで登場!

2019年4月19日 by shimazaki

 

20190418_icedcoffee_NEWS

本格的な味わいを手軽に楽しめるリキッドコーヒー

今年もリキッドアイスコーヒーの季節がやってまいりました。
冷やしてグラスに注ぐだけ。お手軽にアイスコーヒーを楽しみたいという方にはぴったりです。

当店の人気ブレンド<#7><#8><#9>の香味をイメージした3種類の味わいを揃えております。
深煎りの多様性をリキッドアイスコーヒーでも、ぜひご賞味ください!

ご注文はこちらから

 

横浜ロースタリー稼働!記念すべき第一弾!

2019年4月10日 by shimazaki

 

20190410_sanfrancisco_NEWS

優良生産地域 <ナリーニョ> 第一弾
力強いボディとオレンジを思わせる果実感

コロンビア屈指のコーヒー生産県”ナリーニョ”から今シーズン初のコーヒーが届きました。飲みごたえのあるしっかりとしたボディと厚みのある触感。この地域のコーヒーの特徴にみられる力強さを備えつつ、余韻に優しく伸びる濃密な甘みやぎゅっと詰まった柑橘の甘苦い果実感もこのコーヒーの魅力的なポイント。冷めてもそのキャラクターが崩れることはありません。朝、目覚ましの一杯に飲んでも良し、本でも読みながらゆっくり楽しむのも良し、存分にご堪能ください。

ご注文はこちらから

20190410_sawana_NEWS

高品質なナチュラルのみを手掛ける農園
甘い果実味とクリーミーな舌触り

エチオピアではウォッシュト精製、ナチュラル精製の両方を手掛けるステーションや農園が多いですが、このサワナ農園は”高品質なナチュラルのみ”を目指す、少し珍しい農園です。滑らかな質感と強い果実の甘みが楽しめる一方で、ウォッシュトを思わせる華やかさも備えた独創的なカップ。そんなサワナ特有の優れたキャラクターをより一層際立たせているのは、徹底した選別によって生み出されたクリーンさです。雑味を一切感じさせない丁寧な選別に脱帽です。

ご注文はこちらから

20190410_gotiti_NEWS

エチオピア屈指の優良ステーション
上質な洋酒を思わせる芳醇なフレーバー

シティローストに続いてフレンチローストの登場です。今年は出色の出来、とかなり煽り気味に紹介しておりましたが、その品質の高さはフレンチローストに姿を変えても健在です。華やかなフレーバーに、新鮮なブルーベリーを思わせる瑞々しい酸と甘みが特徴的なこのコーヒー。フレンチローストにすることで、それらの特徴を残しつつもしっかりとした苦みと甘い余韻がさらに際立ちます。徹底した選別により、キャラクターがクリアに感じられる非常にクリーンなカップに仕上がっています。

ご注文はこちらから

横浜ロースタリーの稼働が始まりました

2019年3月29日 by rito

20190329_HCYR_apperance

 

横浜ベイブリッジを間近に望む新山下の臨港地区に堀口珈琲の新しいロースタリー(焙煎所)が完成し、稼働を開始しました。狛江で行なってきたコーヒー豆の焙煎を今後は横浜で行なっていきます。

 

焙煎施設を新設したのは、狛江店が手狭になったことに加え、私たちがさらに高品質なコーヒーづくりを目指したいと考えたからです。

 

ロースタリーの立地を横浜の臨港地区にしたのもその一環です。私たちの使う生豆のほとんどは横浜港に到着した後、臨港地区の定温倉庫で保管されています。その倉庫に焙煎所をぐっと近づけることで、生豆が倉庫から焙煎所まで輸送される距離と時間を大幅に短縮しました(これまでは2日程度かかっていた輸送が最短で数分程度になりました)。これにより輸送中に生豆の品質低下が起こるリスクをさらに減らしています。

 

ロースタリーの建物内では区画をきちんと分け、工程ごとに適切な清潔度・衛生度を確保しました。生豆の選別機や焙煎豆の混合機(ブレンダー)を新たに導入するなど、品質向上・安定のための設備も増強しています。

 

しっかりとした「ものづくり」に専念するため、横浜ロースタリーには喫茶店や物販店を設けません。そのかわり、建物の中央に見学者通路を設け、生豆の選別から焙煎豆の包装に至る一連の工程が間近に見られるようにしました。このような特徴を活かして、横浜ロースタリーでは見学会などのイベントも開催していく予定です。

 

横浜ロースタリーを活用して、「常に最高品質のコーヒーを追求し、お客様においしさと喜びをお届けすることで、コーヒーの価値を高め、人々の豊かな暮らしに貢献する」という経営理念の実現に堀口珈琲はこれまで以上に邁進してまいります。

店舗スタッフアルバイト募集開始のお知らせ

2019年3月20日 by rito

堀口珈琲では、新たに店舗でご活躍いただくアルバイトのスタッフを募集いたします。詳細はこちらをご覧ください。

狛江店 臨時休業と営業時間変更のご案内

2019年3月20日 by shimazaki

お客様各位

狛江店 営業時間変更のご案内

 

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

焙煎機移設に伴い3月26日、27日の2日間

臨時休業させていただきます。

また、3月25日より狛江店の営業時間が、

下記の通り変更することとなりました。

皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦願います。

今後ともご愛顧の程よろしくお願い致します。

 

 

臨時休業 平成31年3月26日(火)、27日(水)

運用開始日 平成31年3月25日(月)

新営業時間 10:00~19:00(喫茶は18:00 閉店)

 

以上

 

平成31年2月26日

堀口珈琲狛江店

春、まどろむ時間に寄り添うコーヒー

2019年3月14日 by shimazaki

気がつけば3月も半ば。
春の陽射しが感じられる日もだんだんと増えてきました。
そこで今回は、あたたかく朗らかな春の日に
ぴったりのコーヒーを3種ご用意。
すっと染み入る優しい味わい「エル・サルバドル シベリア農園」、穏やかな果実感と柔らかな口あたり「エチオピア ウラガ」、柑橘を思わせる快活で爽やかな酸「グァテマラ エル・カブレホ農園」。
日なたでぽかぽか本でも読みながら、時間をかけてゆったり飲もうか、と思えるこの時期にぴったりのコーヒー達です。

 

20190314_siberia_NEWS

高いレベルで安定した品質を維持する農園
“春らしい”心地よい甘み

当店でもエルサルバドルの良質なコーヒーはいくつか扱ってきておりますが、なかでもこのシベリア農園は毎年継続的に販売している農園です。今年も同農園らしい個性は健在。クリアな酸に加え、甘みも際立ち、双方がバランスよく調和しています。パカマラ品種特有の粘性のある触感が加わることで、すっと染み入るやさしい味わいがとても心地よく感じられます。何といってもカップのクリーンさはエルサルバドルのなかでも最高峰の水準を誇ります。今回は非常に少量の販売となりますので、お早めにご注文ください。

ご注文はこちらから

20190314_uraga_NEWS

期待高まる エチオピアのニューフェイス
穏やかな果実感が織りなす上品な味わい

現地の情報はわずかですが、皆様に飲んでいただきたい、そう思える一杯だったので今回販売に踏み切りました。春の特別ブレンド「プリマヴェーラ」に使用されていることも、高い評価であることの証明でしょう。口に含んだ瞬間から余韻に至るまで、雑味を一切感じさせないクリーンさは圧巻です。柔らかい触感のなかに感じる、ほんのりベリー系の赤い果実を連想させるニュアンスや、主張しすぎず余韻にそっと広がる華やかさが素晴らしい、落ち着きのある非常に上品なキャラクターを備えたエチオピアです。

ご注文はこちらから

20190314_elcabrejo_NEWS

アンティグアの多様性を感じる一杯
快活で爽やかな果実感

グァテマラ南部アンティグア地域から2年半ぶりに「エル・カブレホ農園」のコーヒーを販売します。春の陽気な季節を思わせる明るく軽快な酸。まるで蜜柑にかぶりつた時のようにジューシーな甘みが口いっぱいに広がります。ハイローストではありますが、口当たりや触感は柔らかく優しい印象。冷めても続く心地よさに、日向ぼっこで本でも読みながら時間をかけて飲もうか、と思えるこの時期ぴったりのコーヒーです。同地域のサンタカタリーナ農園とはまた違った個性を楽しんでいただければと思います。

ご注文はこちらから

春の訪れを告げる『プリマヴェーラブレンド』

2019年3月1日 by shimazaki

20190301_PRIMAVERA_NEWS

コーヒーで表現する”春”

今年もこの季節がやって参りました。
春の訪れとともにお届けする季節限定の特別ブレンド『プリマヴェーラブレンド』
の登場です。

春はなにかと変化の多い季節。
就職や退職、転勤や異動、入学や卒業、引っ越しや結婚など、節目となるイベントが多く、
せわしなさを感じる場面もあるかと思いますが、ぜひこのコーヒーで春を感じる束の間のひと時をお楽しみください

 

ご注文はこちらから

20190301_PRIMAVERAgift_NEWS

節目のご挨拶やお祝いに
堀口珈琲の春ギフト

春はお祝いやご挨拶のためにギフトや贈り物をご用意する機会も増していくのではないでしょうか。堀口珈琲では味わいにもしっかりこだわった春の贈り物にぴったりのギフトをご用意しています。

ご注文はこちらから

コーヒーで巡る東アフリカ3カ国

2019年2月20日 by shimazaki

20190220_kainamui_NEWS

細やかで適切な品質管理から生まれる
華やかながらも”力強い”出色のケニア

カイナムイファクトリーは同国のなかでも高品質なコーヒーが多く生産される世界的にも有名なエリアにあります。周辺農家で収穫されたチェリーを集めて精製処理が施されていくような、ケニアでは一般的な流れを取っておりますが、要所要所で品質向上への取り組みが垣間見えます。力強いボディと濃厚なコク、深く焙煎しても崩れることのないしっかりした酸。ケニアを代表する名門ファクトリーです。カシスを思わせる濃縮感のある甘みと赤ワインのような芳醇なフレーバーが織りなす優れた味わいをご堪能下さい。

ご注文はこちらから

20190220_Workawuri_NEWS

初登場のエチオピア
農家と二人三脚の高標高ステーション

イルガチェフェの中心地から南へ約30km行ったところに、今回初登場となるウォッシングステーション「ウォルカ・ウリ」があります。こちらのウォルカ・ウリでは圧倒的な華やかさ・明るさというより、様々なニュアンスが時間の経過とともにグラデーションのように感じられる”複雑な酸”をお楽しみいただければと思います。温かいうちはレモンやライムのややシャープな印象がありますが、冷めてくるとブルーベリーやピーチを思わせる酸や甘みも顔を出します。初登場のウォルカ・ウリ、ぜひご期待ください。

ご注文はこちらから

20190220_blackburn_NEWS

長期にわたって信頼を築いてきた農園

今年もタンザニアの名門農園からコーヒーが届きました。フレンチローストで販売することが多い同農園ですが、ニュークロップではフレッシュな酸にも注目していただきたく、それがより感じやすいシティローストでも販売することにしました。程よい苦みとコク、そしてほんのりオレンジを思わせるフレッシュな酸がうまく調和した、トータルバランスに優れたキャラクター。ソフトな触感も心地よく、一口一口に時間をかけて楽しめる一方で、何杯飲んでもまた口にしたくなるようなマイルドな味わいが魅力です。

ご注文はこちらから

“もう脇役とは言わせない”ホンジュラスのコーヒー3種リリース

2019年2月7日 by shimazaki

20190207_honduras_LL

“もう脇役なんて言わせない”
これまで、あまり表舞台には出てこなかったホンジュラス。ついに華々しくスポットライトが当たる出番が回ってきました。
私たちの興奮を伝える意味も込めて、今回は3種のコーヒーを同時に販売することにしました!
なかなかマニアックで尖った企画だと感じている一方で、これは決して”細かすぎて伝わらない”ような飲み比べではないと思っております。
3種同時に販売する珍しさに加え、味わいのキャラクターの違いも明確。面白い飲み比べになること間違いなし!

貴重な機会ですので可能な限り多くの方にお届けしたいと思っております。しかしながら、今シーズンのホンジュラスはごくごく少量。短期間での販売となりますので、くれぐれもお見逃しなく。

特設ページはこちらから

20190207_lafalda_L

20190207_lafortuna_L

20190207_elgrupo_L

堀口珈琲で楽しむ「チョコラティ」

2019年1月30日 by shimazaki

chocolaty_LL

まるでチョコレートを舌の上で溶かしたような滑らかな舌触り。余韻に残る甘苦さ。そのようなキャラクターを備えたコーヒーを今回は厳選しました。
バレンタイン前のこの時期、定番のテーマではありますが、堀口珈琲ならではの楽しみ方をご提案します!

今シーズン出色の出来のコスタリカ「シェリ・バタ」。「チョコラティ」といえば外せない存在、グァテマラ「エル・レティロ・デ・キサヤ農園」。そして、ブラジルの注目生産エリア”カパラオ”から「シッチョ・オリベイラ農園」です。

お好みのチョコレートに合わせてお選びいただくもよし、せっかくですのでコーヒーでも「チョコラティ」を感じてみてはいかがでしょうか。フルシティローストの飲み比べも滅多にないチャンスです。詳しくは特設ページをご覧ください!

特設ページはこちらから

20190129_SheriBata_L

20190129_ElRetiroDelQuisaya_L

20190129_SitioOliveira_L

ページトップへ