最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パパブレンドと父の日の贈り物

2020年6月6日 by shimazaki

今年もやります。
父の日の贈り物にぴったり 『PAPA’S BLEND』
堀口俊英自らが豆の選定から配合の決定までを手掛けた期間限定の特別ブレンドです。

コーヒー好きのお父さんにプレゼントするもよし、一緒に飲みながら団欒のひとときを過ごすのもよし、大切な父の日をコーヒーで彩ってみてはいかがでしょうか。

もちろんご自身で飲まれる分も!堀口の気まぐれで販売するので次はいつになるかわかりません。お見逃しなく!!

スペシャルブレンド『PAPA’S』の入った『父の日ギフト』をはじめ、冷やしてグラスに注ぐだけの『リキッドコーヒー』や カップとお湯さえあれば手軽に当店のコーヒーをお楽しみいただける『コーヒーバッグ』。

父の日のための特別なギフトを各種ご用意しております。日頃の感謝の気持ちをコーヒーギフトに乗せて届けてみませんか。

 

エリア屈指!この名産地を代表するコーヒーはこれだ

2020年5月6日 by shimazaki

名立たるコーヒー産地国のなかでも、さらに生産が活発な有名エリアがあります。
今回お届けするのは、そんなエリアにおいて屈指の品質を誇る洗練されたコーヒーです。

コスタリカ国内3位の生産量、高品質なコーヒー栽培も活発な「タラス」からは名門マイクロミル【ドン・マジョ】。 まさにコーヒー生産にとって理想的な環境、コロンビア南部「ナリーニョ」のサン・フランシスコ農園。 そして、マカウバ・デ・シーマ農園はブラジルの一大生産エリア「ミナスジェライス」からやってきました。

多くの生産者が鎬を削る地域においてもトップクラスの品質を備えるコーヒーを、ぜひお楽しみください!

 

 

アンデス山脈に抱かれた産地

2020年4月22日 by shimazaki

南米の2ヵ国「ペルー」「コロンビア」から強力なラインナップが登場!

初年度から高い品質を保つ人気の「フェスパ農園」。
そして、お待たせしました。皆様大好きコロンビアです!注目の南部から「ラ・ミーナ農園」と「エル・ブラジル」。
今回は肥沃なアンデスの高地で育った4種のコーヒーを、自信をもってお届けします!

自宅で過ごす時間を少しでも優雅に。最高品質のコーヒーでカフェのようなひとときをお楽しみください。

まどろむ時間に寄り添うコーヒー

2020年3月11日 by shimazaki

家でゆっくり過ごす週末のお供に、こんなコーヒーはいかがでしょうか。
まずは、コスタリカの「ディビーノ・ニーニョ」。特別な区画で栽培されたティピカ品種です。残念ながら、今年はごくごく少量につき、 個数限定・期間限定となりますので、お見逃しなく!

そして、世界的にも有名な農園「エル・インヘルト」から今年も届きました。 コーヒー好きの方なら一度は耳にしたことがあるはず。少々お値は張りますが、堀口珈琲の焙煎でいかがでしょうか!

最後に、現在販売中の春の特別ブレンド「プリマヴェーラ」でも主軸を担っている「ベンチ・ネンカ」をシングルオリジンでお届けします。 初登場のエチオピアをどうぞお試しください。

奥深きハイローストの世界

2020年3月2日 by shimazaki

堀口珈琲ネットショップ史上これほどまでにハイローストのコーヒーが同時にリリースされたことはなかったでしょう。
多彩な表情をみせる風味豊かな世界へ、皆様をお連れいたします!

企画の目玉はやはりこちら!春限定の特別ブレンド『プリマヴェーラ』
コーヒーで春を感じるにはもってこいの一杯です。

加えて、今回は4ヵ国からぜひともハイローストで飲んでいただきたいコーヒーを揃えました。 この企画のために厳選されたこちらのコーヒーは、ハイローストが決して「酸」だけでなく、「舌触り」や「香り」「甘み」も豊かな焙煎度合いであることを証明してくれています。
お好みの味わいがきっと見つかるはず!

飲みごたえ抜群のコーヒーが集結

2020年2月26日 by shimazaki

そろそろ深煎りのコーヒーが恋しくなっていませんか?
最近はシティロースト中心のラインナップでしたので、今回は深煎りを軸に飲みごたえ抜群のコーヒーを集めました。 中米、南米、アフリカの優良生産エリアから届いた選りすぐりです!

春が手を伸ばせば掴めそうなところまで来ておりますが、まだまだ寒い日には苦みしっかり濃厚濃密な味わいのコーヒーでじっくり体を温めましょう。

産地と二人三脚 共に育むコーヒー

2020年2月19日 by shimazaki

ただコーヒーを扱うだけにとどまらず、生産者と共により良い方向へと進みたい、というのが私達のスタンスです。
特にルワンダや東ティモールでは、品質はもちろん、生産者の生活の安定などを目指して様々な活動を行ってきました。 このコーヒーを飲んでいただく皆さんにも、私達の活動の一端を担っていただいております。

そこで、今回は改めて活動の紹介と現地からの最新情報をお届けいたします。
お手元に届くコーヒーがどのような活動のなかから生まれたものなのか、少しでもお伝えできれば幸いです。

生豆バイヤーが選ぶ “今飲むべきコーヒー”

2020年2月12日 by shimazaki

最高の一杯は最高の素材すなわち生豆なくしてはありえません!
普段は精製方法や焙煎について語ることの多い私達ですが、コーヒーのおいしさに大きな影響を与える「生豆の品質」には一層の気を使っています。
今回は、それを第一に考えているスタッフ「生豆バイヤー」の若林が厳選した2種のコーヒーをご紹介します!いま飲むべきコーヒーはこちらです!

各商品ページではこのコーヒーとの出会いや今後の展望など、バイヤーならではの視点で商品を紹介しております。ぜひ、ご覧ください。

コクと甘みの世界

2020年2月5日 by shimazaki

暦の上では立春を迎えましたが、まだまだ寒さが身にしみるこの時期。コーヒーがより一層おいしく感じる季節ではないでしょうか。 そこで今回は、寒い日にぜひ飲みたい、コクや甘みが特徴的なコーヒーをご紹介します。

大好評だったサンタカタリーナ農園に続き、グァテマラからは「ラ・メルセー農園」をシティローストでお届けします!

充実のラインナップ、コスタリカからはドタの優良マイクロミル『ロス・アンヘレス』と『サンタテレサ』をご紹介。シティ・フレンチの2種類でコクと甘みの世界をお楽しみください。

コーヒーで感じるチョコラティ

2020年1月29日 by shimazaki

まるでチョコレートを舌の上で溶かしたような滑らかな舌触り。
余韻に残る甘苦さ。そんなキャラクターを備えたコーヒーを厳選しました。
バレンタイン前のこの時期、定番のテーマではありますが、堀口珈琲ならではの楽しみ方をご提案します。

お好みのチョコレートに合わせてお選びいただくもよし、せっかくですのでコーヒーでも「チョコラティ」を感じてみてはいかがでしょうか。フルシティローストの飲み比べも滅多にないチャンスです!

「チョコラティ」という同じテーマのなかでも、それぞれの備える豊かな個性が光ります。 皆様のお好みの味わいはどれでしょう?

 

ページトップへ