ブランドサイトTOP >  ニュース  > お知らせ > 2017年最後の新商品は充実のラインナップ!

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2017年最後の新商品は充実のラインナップ!

2017年12月26日 by tanakadai

04

2018年、新しい年の幕開けはコーヒーとともに

堀口珈琲、新春の風物詩「ニューイヤーブレンド」。新年を祝い、そしてみなさまとの末永いお付き合いを願って、年末年始にお届けしている特別ブレンドです。とはいうものの、「今年のニューイヤーはすごい!」と一番に楽しんでいるのは当社のスタッフかもしれません。コンセプトは”新年へ想いを込めた、新しい香味へのチャレンジ”。厳選された素材を使って、ロースターがニューイヤーにふさわしいブレンドを創り上げました。

ふくよかな触感、伸びのある余韻、その間で感じるほのかな果実味と華やかさ。年初めの一杯や新年のご挨拶、家族団欒の席など様々なシーンで多くの方にお楽しみいただけるよう飽きのこないマイルドな印象です。

ご注文はこちらから

20171225_donjoseGEISHA_news

コスタリカで育まれた待望のゲイシャ品種

名門マイクロミル【ブルマス・デル・スルキ】から待望のゲイシャ品種が入荷しました。栽培開始から4年目、ようやく少量収穫できましたのでみなさまにお届けします。ゲイシャといえばパナマという時代はもう終わりなのかもしれない、そう感じさせてくれる見事な味わいに仕上がっています。

高標高のコスタリカらしい質感と品種由来の味わいが見事に調和しています。粉に挽いた瞬間からふぁっと花の香りが広がり、一口含むとライチやパッションフルーツを思わせる果物の甘みが引き締まった質感とともに複雑に感じられます。

これまでコスタリカのニュークロップを立て続けに販売してきたなかでコスタリカコーヒーに目覚めてしまった方や、ゲイシャファンの方には確実に飲んでいただきたいと思っています。

ご注文はこちらから

20171225_FUJICHOJO_news

コスタリカ チリポに”富士”の名を持つ農地あり

コスタリカのチリポから日本人の心をくすぐる名前のコーヒーが入ってきました。その名も「フジ チョウジョウ」。富士?頂上?まさに由来は日本の富士山とその頂上です。”高地”を意味するエル・アルトや、”絶景”という意味のブエナ・ビスタなど、中米の農地には同じ名前が付いていることが多く正直混乱してしまうこともありますが、「フジ チョウジョウ」は初見から記憶に残るインパクトがありました。数か月前からぜひお正月に向けて販売したいと考えており、このタイミングでの登場です。

口当たりはややシャープで引き締まった質感が印象的。そこにきゅっと締まった柑橘系のクリーンな酸が瑞々しく感じられます。ぜひ、現在販売中の「ニューイヤーブレンド」と合わせてみてはいかがでしょうか。質感や酸の質、比べてみると違いがはっきりわかるので、きっとお楽しみいただけるはずです。

ご注文はこちらから

今年も堀口珈琲をご愛顧いただきありがとうございます。

この先もお客様の「おいしい」のひとことのために、素材、焙煎はもちろん、コーヒーに関わるすべてのことに真摯に取り組み、最高の一杯を目指してコーヒーを作り続けていきますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

ページトップへ