ブランドサイトTOP >  ニュース  > お知らせ > 良質なティピカ品種がそろいました

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

良質なティピカ品種がそろいました

2018年4月21日 by tanakadai

20180419_typica_L
ご自分が今飲んでいるコーヒーの「品種」についてお考えになったことがありますでしょうか。当社ではもちろん、一般的にもコーヒーの品種を表記する商品や記事が増えてきたので目にする機会も多くなりました。ブルボンやカトゥーラ、カトゥアイなどは当社のラインナップのなかでももうお馴染みの品種です。ゲイシャの登場も品種表記の流れに拍車をかけました。コーヒーの三大種と言われるアラビカ種、カネフォラ種、リベリカ種のなかでも特に優れた香味を持つアラビカ種には100を超える品種が存在します。そんな数ある品種のなかで、今回主役を飾るのはアラビカ種のなかで最も古い品種のひとつ「ティピカ」です。 セット商品で飲み比べて楽しんでいただくもよし、単品でじっくり味わっていただくもよし、ぜひこの機会にティピカを存分に体験してください。

ティピカ品種紹介ページ

 

20180419_hawaii_news

他と一線を画す堀口珈琲のハワイ・コナ
今シーズンも期待を裏切らないクオリティ

カイナリウ・コナ農園が位置するのはハワイ島の南コナ地区。標高は560~600m。この標高であってもコナ地区特有のマイクロクライメイト(局所的な気候)により充分な寒暖差を確保することができます。そして、火山の豊かな土壌や適度な降雨・日照時間も加わって、この地区では高品質なコーヒーが栽培できる環境が整っています。驚くほどクリーンで一切の雑味を感じさせない素晴らしい出来です。何より口に含んだ瞬間にすっと広がる伸びやかな質感に驚くはず。そんな質感とともに感じられる穏やかで優しい酸と若草を思わせるフレーバーは心地よく、つい次の一口に手が伸びてしまいます。

ご注文はこちらから

 

 

20180419_Leiva_news

農業のプロに育まれたコスタリカのティピカ
蜂蜜を思わせる甘みと柔らかな触感

商品名は生産者の「レイバ兄弟」の名前から付けました。彼らはドタ市のコペイという街にほど近い広大な土地で、酪農とアボカド・イチゴなどの農産物を生産していて、多くの従業員を抱えるなど地域に雇用を生み出している農業ビジネスのプロと呼ぶにふさわしい活躍をしています。そんな彼らが次に取り組もうと決めたのがコーヒーです。コーヒー栽培は初めてでしたが、慎重に計画し丁寧に栽培していきます。さらに標高2,000mを超える優れた栽培環境も手伝って、初年度から見事な品質のコーヒーを届けてくれました。2年目の今回も期待を裏切らない素晴らしい出来です。

ご注文はこちらから

 

20180419_peru_news

あのフェスパ農園のティピカ品種が初登場
ソフトなコクと軽快な飲み心地

当社がペルーの秘境で見つけた「フェスパ農園」。高い生産技術と理想的な栽培環境から生まれる素晴らしくクリーンな味わいに、販売初年度から瞬く間に人気商品となりました。同農園ではこれまでブルボン品種とカトゥーラ品種を扱ってきましたが、今年はティピカ品種も届けてくれました。同一品種の飲み比べや同一地域の飲み比べ、比較して楽しむ方法は様々ありますが、同じ農園の品種違いを楽しむにはまずこのフェスパ農園がおすすめです。ブルボン、カトゥーラとはまた違った明るく軽やかな印象やしなやかな質感がお楽しみいただけます。

ご注文はこちらから

 

ページトップへ