ブランドサイトTOP >  ニュース  > 新入荷豆 > グァテマラ、アティトゥラン湖を臨む高地で生産されたコーヒー4種をセット販売します!

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

グァテマラ、アティトゥラン湖を臨む高地で生産されたコーヒー4種をセット販売します!

2017年3月10日 by tanakadai

20170310bennews

当社では以前から優れたカップクオリティのコーヒーを生産し続けるベナベンテ一族のコーヒーに注目してきました。彼らが所有する農園「エル・ベルヘル」は過去に何度も販売しています。しかし、販売期間が短かったこともあり、高カップクオリティを有しているにも関わらず印象の薄い存在になっていました。
もっと彼らのコーヒーを知ってほしいと思い描いていたなか、今シーズン彼らが生産したコーヒーの味わいそれぞれに明確な違いが感じられ、かつどれも優れた品質だったため、全商品をセットにして販売することにしました。
各コーヒーからは柑橘の果物のなかでもオレンジの味わいが強く出ているもの、グレープフルーツを感じさせるもの、対照的にチョコレートのコクや滑らかさを思わせるものなど、生産場所が近いながらもそれぞれ個性が際立っていて、どれもが彼らの作るコーヒーの素晴らしさを体現しています。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170310vernews

ベナベンテファミリーの農園で、唯一エル・ベルヘルだけがコーヒーチェリーをアンティグアにあるベジャビスタミルまで運び、ウェットミル工程から委託しています。精製場所が変われば、発酵や乾燥にかける時間のかけ方など異なる点も生まれ、味わいにも作用してきます。そのため、ベナベンテの他の農園が所有するミルで精製したもの比べて質感がやや異なるユニークな味わいに仕上がっています。エル・ベルヘル農園はマンダリンオレンジのようにジューシーな酸と甘みがあり、クリーンなアフターテイストが楽しめるコーヒーです。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170310aninews

サンタ・アニータはレオネル・ベナベンテさんが所有している農園です。同農園は自前のウェットミルを所有していて、収穫したコーヒーを精製しています。冷涼な環境のため発酵に時間がかかりますが、丁寧に精製工程を行ってクリーンな味わいを実現させています。
サンタ・アニータのコーヒーの味わいからはまるで伊予かんを思わせる酸味と甘みのバランスが特徴的。アフターテイストに感じる爽やかさもグレープフルーツのようでとても心地よいコーヒーです。冷めるとかすかにカカオの風味も表れ、オランジェのようなキャラクターも楽しめます。

 

ご注文はこちらから

 

 

 

ページトップへ