ブランドサイトTOP >  ニュース  > 新入荷豆 > パナマの優良農園が生み出したゲイシャ品種のナチュラル精製3種をセット販売します!

最近のブログ記事

アーカイブ

検索

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パナマの優良農園が生み出したゲイシャ品種のナチュラル精製3種をセット販売します!

2017年4月7日 by tanakadai

20170407geishanews

昨年12月にパナマの優良生産地域であるボケテとボルカンで生産された3種のゲイシャ品種を販売しました。その時は僅か100セットだけでしたが、即完売となり、ゲイシャに対する注目度の高さを改めて感じました。今回も当社で扱っている他のコーヒーと同じように本当に自信を持っておすすめできるゲイシャのナチュラル精製を3種類ご用意しています。

カジェホン、ダンカン、リオクリスタルという農園・農地で生産された3つのコーヒーはどれもが違った個性を持っていて、非常に近い地域、そして同じ品種・精製で生産されたコーヒーながら生産者や農園の特徴が見事に表現されています。特にナチュラルはシンプルな工程ながら生産者の力量が問われる精製でもあります。それらを飲み比べることでウォッシュト以上にゲイシャの味の多様性を体験できる内容となっています。

今回は前回の倍、200セットを販売します。最高品質のコーヒーの生産にこだわり、たくさんの手間をかけて生まれた個性豊かなナチュラル精製のゲイシャをぜひご堪能ください。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170407cannews

当社ではカジェホン農園のコーヒーを収穫初年度から扱っていますが、ナチュラル精製の販売は今回が初めてです。ウォッシュト精製ではレモンやパイン、イチゴなど様々な果実のキャラクターが合わさった複雑なアロマやフレーバーが感じられましたが、ナチュラル精製だとカルダモンを思わせるアロマにラズベリーやライチといった果物を加えた、もっと複雑な香り・味わいが特徴。また、一般的なナチュラルから感じられることの多い乾いた質感はなく、瑞々しさに溢れているのもこのコーヒーの魅力のひとつです。抽出したコーヒー1杯の温度による味の変化だけでなく、コーヒー豆の経時変化など、とにかく時間をかけて、少しずつゆっくりと味わいたくなるゲイシャです。

 

ご注文はこちらから

 

 

20170407dunnews

ナチュラル精製のキャラクターはラズベリーやぶどう、生のプルーンを連想させる甘い酸だけでなく、柑橘の明るい酸が合わさった複雑な味わいを楽しめます。また、アフターテイストにはブルゴーニュ産赤ワインのような香り高さも感じられます。
ナチュラル精製は工程としてはシンプルですが、知識がないと発酵した香りに支配されるなど、生産者の技量が問われる作り方です。農園主のリカルドさんは今まで何年にもわたってナチュラルの精製方法の研究を重ねていて、その腕は確か。ナチュラルのコーヒーをここまでクリーンで上品に仕立てることができる生産者はそう多くありません。非常に個性的でありながら、味わいの完成度がとてつもなく高い稀有なコーヒーをぜひご体験ください。

 

ご注文はこちらから

 

 

 

ページトップへ